Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

綾の平家

WORKS GALLERY

新築戸建

綾の平家
綾の平家
綾の平家
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
工法規模 木造平屋階て(木造軸組工法)
敷地面積 390.47㎡
延床面積 96.88㎡
設計 しましま設計室
Photo:大関正行 

   
こんにちは。
スタッフのアサノです。
見学会に来て頂けなかった方にも
個の住まいについて
少しでも知ってもらいたいなと思います。

そこで
アサノ目線での住まいについて紹介致します。
しばしお付き合い下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
綾の平家

前回の日日列舎に引き続き
今回紹介する住まいも平家建て。
周りの建物と調和しながら佇む住まい。
外壁には塗り壁をあしらい、軒天や収納扉の木材が映える外観は
帰宅時や来客時の見どころのひとつ。

また、木造を建てる醍醐味の一つである 
素材のエイジングを感じられるのも
良きポイントです。



居室側の外壁には鋼板を用いて
メリハリを利かせています。

鋼板は木材に比べて外観の劣化が少ないことなど
コスト面でも役立ちます。

木材と異素材を組み合わせることで
より素材の良さが引き立ちます。

お施主様とともに貼った芝が育つ頃
が楽しみなお庭からの景色。



モミジなどの中木と低木の成長も楽しみ。
秋には縁側で紅葉を眺めてお茶するなんてのも
将来の楽しみですね。



玄関を開けると
勾配天井の広々としたエントランス空間が
出迎えてくれます。

対面から抜ける光が
柔らかく空間を照らしてくれます。

ラグや暖簾などの
彩あるアイテムを揃えるのも良さそうです。



玄関右手にはお手洗いと水栓を。

帰宅時や用を済ませた時には
こちらでこちらで手洗いが可能です。

栗原瑠璃華さんの吹きガラスボウルが
流れる水を受け止めてくれます。



トイレの床には漆板を採用しています。

シンプルでモダンながらも木材が映える
洗練された空間に。




次は
いよいよメイン空間のリビングへご案内。

開口から気持ちの良い日差しが入る大空間。
平家ながらも登り梁が美しい高い天井が
開放的な暮らしを演出してくれます。





今回の登り梁は勾配が強い箇所があります。
そこで 横方向の強度を高められる
はさみ梁 形態を採用しています。

木材が組み合わさる景色は
シンプルながら贅沢ですね。
このような構造は木造ならでは。

楔やロフトの柵が
良きアクセントとなっている天井は
数十年後も色や雰囲気を変えながら
家族の団欒を見守ってくれるはず。



また
お子さんを見守る親御さんが
お庭で遊ぶ子供たちを眺めて家事やお茶をしたり



食事を作りながらも家族と視界を共有できたり
と 同じ空間で生活を共にできる間取りも
今回のポイント。

ダイニング側に取り付けられた食器棚から
家族にお皿をとってもらったり
親子そろって料理を楽しんだりと

これからの成長とともに
いくつかの楽しみが期待できる

そんなダイニングキッチンになれば
うれしい限りです。



この住まいでは
冬季の暖房設備に床下エアコンを採用しています。

収納下に作った箱の中にエアコンを備え
部屋ごとにつけられたガラリを通じて
暖気を家全体に運びます。



脱衣所や洗面は使いやすくシンプルに




昼頃には柔らかく光が差す寝室は
収納を備えながらも整った内観に。

これらすべての部屋で
皆が温かく暮らせる

そんな住まいになればと思います。



この 綾の平家で
暮らし手ご家族が健やかな暮らしを
送ってゆくことを願っています。

アサノ個人的には
是非とも 暮らし始めたころの写真
なども見てみたいですね。

これからも頼ってもらえるチームであるために
石牧建築として頑張っていきます。



木材と異素材
そこに家族の暮らしが交わりあう
綾の平家
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



いかがでしたか?

暮らし手の方々が
楽しく暮らせますように。

最後の写真の外部収納扉はヘリンボーン模様に。
中には旦那様のロマンが詰まっています。
小さなスペースの中に
ワクワクする空間が詰め込まれた
秘密基地のようで男にはたまりませんね。

また、次の建物もご期待下さい。
それでは。