Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

狭い玄関ポーチも魅力的に!スマートな空間活用術をご紹介します

2024/04/24

狭い玄関ポーチも魅力的に!スマートな空間活用術をご紹介します

空間の限られた住環境に暮らし、デザイン性と機能性を追求するセンスを持つ人たちは、狭い玄関やポーチを最大限に活用し、快適でおしゃれな空間を作り出したいと考えています。
この記事では、限られたスペースでも実現可能な玄関・ポーチのデザインと機能性向上のアイデアをご紹介します。

□玄関・ポーチの重要性と基本役割



玄関とポーチは、家の顔ともいえる大切なスペースです。
外からの第一印象を左右するだけでなく、住まい全体のデザインと快適性に大きく貢献する役割を持っています。
以下、玄関・ポーチの重要性とその役割について見ていきましょう。

*外と内を仕切る機能



玄関は外部と内部を隔てる大切な役割を果たしています。
この機能により、プライバシーの保護と安全性の向上が図られます。

*住まいの断熱性能をアップさせる



玄関・ポーチは断熱性を高める効果もあります。
外気の直接的な影響を受けにくくし、室内の温度を保ちやすくします。

*外観全体の印象や雰囲気を左右する



デザイン性に優れた玄関・ポーチは、住まい全体の美しさを引き立てます。
訪れる人に良い印象を与えるためにも、デザインには特に気を付けましょう。

□狭いスペースのデザイン法とは



狭い玄関ポーチであっても、ちょっとしたアイデア次第で、その魅力を引き出し、訪れる人に心地よい印象を与えられます。
以下に工夫した方が良いポイントをいくつかご紹介します。

1:照明の工夫



照明は、空間の雰囲気を大きく左右する要素です。
たとえば、間接照明を採用することで、柔らかな光が空間全体を包み込み、落ち着きのある雰囲気を作り出せます。
夜間に玄関ポーチを優しく照らすダウンライトや、壁面を彩るブランケットライトを使用して、日中だけでなく夜にも表情豊かな空間を演出することが可能です。
また、表札にスポットライトを当てることで、細部にわたるこだわりが感じられる高級感を演出することもおすすめです。

2:植物の配置



植物を利用することで、玄関ポーチに自然の温もりとやさしさを加えられます。
季節に応じて選んだ植物を上手に配置することで、年間を通じて訪れる人々を新鮮な気持ちで迎え入れられます。
木製やアイアン製のプランターに植えた小さな植物を複数配置することで、空間に奥行きを与えるとともに、玄関ポーチの広さや日照条件を考慮しながら、あたたかみのある印象を与えられます。

3:オブジェのセレクト



個性的なオブジェの配置により、玄関ポーチにアクセントを加えることが可能です。
家の外観やアプローチの雰囲気に合わせたオブジェを選ぶことで、訪れた人の目を引き、印象深いエントランスを作り出せます。
ただし、スペースの限られた狭い玄関ポーチでは、配置に際して工夫が必要になります。
素焼きや木、アイアンなど、素材を統一したオブジェを選ぶことで、数が多くても整然とした印象を保ち、センスの良さをアピールできます。
さらに、玄関ポーチが本来通行スペースであることを念頭に置き、見た目の美しさだけでなく、通行のしやすさも考慮することが重要です。

□まとめ



狭いスペースでも工夫次第で、魅力的な玄関・ポーチを実現することが可能です。
重要なのは、デザイン性と機能性を両立させること。
この記事で紹介したアイデアを参考に、みなさんの玄関・ポーチをより快適でおしゃれな空間に変えてみてください。


当社では自然素材や天竜材を使った木造の注文住宅、一戸建ての家を設計・施工しています。
ぜひデザインにこだわりたい方は当社へご相談ください。

無垢素材のある生活とは?天然木がもたらす暮らしの豊かさをご紹介

2024/04/20

無垢素材のある生活とは?天然木がもたらす暮らしの豊かさをご紹介 [コラム]

自然素材への関心が高く、持続可能な生活に価値を見出す人たちが増えています。
特に、健康的かつ環境に優しい住環境を求める人々にとって、素材選びは大切なポイントです。
そんな中で、無垢素材の魅力が再評価されています。
この記事では、無垢素材の特性とその活用方法について、深く掘り下げていきます。

□無垢素材の魅力とは?天然木の持つ可能性



無垢素材は、その名の通り、木材をそのまま使用した素材です。
合板や化学素材と異なり、天然の木から直接切り出された無垢材は、特有の風合いや質感を持っています。

1:天然木ならではの風合い



無垢材の最大の魅力は、その温かみのある風合いにあります。
天然木特有の肌触りや木目の美しさは、合成素材では決して再現できないものです。
さらに、手で触れることで感じる温もりは、心を穏やかにしてくれる効果もあります。

2:経年変化を楽しめる



無垢材は時間が経つにつれて色味が変化し、使い込むほどに味わいが増します。
この経年変化は、無垢材ならではの醍醐味であり、所有する喜びのひとつです。
使う人と共に成長し、変化する無垢材は、まるで家族の一員のような存在にもなり得ます。

3:調湿作用がある



無垢材には優れた調湿作用があります。
湿度が高い時には余分な湿気を吸収し、乾燥している時には水分を放出することで、室内の湿度を自然と調節します。
これにより、快適な室内環境を保てます。

□日常で輝く!無垢素材のお手入れ方法



無垢素材を長く美しく保つためには、適切なお手入れが必要です。
ここでは、基本的なお手入れ方法について紹介します。

1:乾拭きでのお手入れ



日常的なお手入れとしては、乾拭きが最も基本的です。
柔らかい布で軽く拭くだけで、ほこりや汚れを取り除けます。
水拭きは必要最低限に留め、水分によるダメージを防ぎましょう。

2:水拭きのポイント



水拭きを行う場合は、布をよく絞ってから拭くことがポイントです。
また、水拭き後は乾いた布でしっかりと水分を拭き取ることが重要です。
定期的な水拭きは、無垢素材を清潔に保ち、長持ちさせるためにも効果的です。

□まとめ



無垢素材は、その天然の魅力と経年変化を楽しめる特性から、多くの人に愛されています。
適切なお手入れを行うことで、長く美しい状態を保てます。
自然素材へのこだわりを持つことで、健康的かつ持続可能な生活を実現できるでしょう。


当社では皆さまのお住まいの地域に合わせた自然素材を用いて建築いたします。
自然素材を体感したい方はぜひ当社にお気軽にご相談ください。

【5月4日 5月5日 @遠鉄百貨店 POP-UP FOREST.】 開催しました

2024/04/20

【5月4日 5月5日 @遠鉄百貨店 POP-UP FOREST.】 開催しました [イベント開催のお知らせ]

【お知らせ】
GW期間中にPOP UP企画を開催致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
“浜松天竜の森が育む資源は、さまざまな形となって私たちの暮らしを豊かにしてくれる。”
それは僕らが普段から実感していることの一つです。
 
日常を街中で生活していると、なかなか出会えない
森について皆さんはどのくらい知っていますか?
 
天竜川沿いに何時間車で走ればヒノキの木に出会えるのか。
苗木から成長した丸太を伐採し、伐採したての木の水分を乾かし、製材するのに何年かかるのか。
手刻み加工するための道具は何を使い、どんな場所で行うのか。
手で持ち上げている材料の重さは?
切ったり削ったりしたときの香りや温度は?
DO YOU KNOW THE FOREST?
 
自分たちの森を知るって、なんかタノシイ。
このイベントが、そう感じるキッカケになれば幸いです。
 
今回の企画は、以前発売したヒノキ染めデニムの制作をきっかけに生まれました。
DENIM SELECTの岩倉さんと、JAPAN BLUE JEANSの佐瀬さんが作り上げた
〈ヒノキ染めデニム〉をまとって、会場に登場致します。
※ヒノキ染めデニムの受注販売は終了しております。製作ストーリーは過去投稿をご参照ください。
 
フジイチからは営業部の大内。
石牧建築からは広報担当の浅野。
実際に森に関わる職業に就く、20代の若者2人の目線から見た、FORESTをお届けします。
GWのラスト2日間、遠鉄百貨店さんにて天竜の森からはじまるモノづくりの面白さや、
その過程で見られる景色について、皆様にお伝えしたいです。
 
皆様のご来場を、心よりお待ちしております!
――――――――――――――ー
【入場無料】
森の資源の展示と紹介、販売&JAPAN BLUE JEANS商品の展示販売、コーヒーやお茶のサービスを行う予定です。
 
会場:遠鉄百貨店 新館6階 特設会場
会期:5月4日(石牧建築 浅野) / 5月5日(フジイチ 大内&石牧建築 浅野)
時間:10:00 ~ 19:00
 
天竜を舞台に、木を植え、育て、収穫し、製材、加工まで一貫して行う株式会社フジイチ。
彼らが繋いでくれた-木財-を、手刻み加工と設計アイデアをもって施工する石牧建築。
普段僕らが関わって、目の当たりにしている森の木は、香り高くて鮮やかで、面白い。
樹皮や丸太、建築で生まれた端材を集めて、百貨店のフロアに森を再構築。
目で見て、手で触れて、香りに包まれて、地元天竜の森を感じられる企画。
POP-UP FOREST.
 
JAPAN BLUE JEANS × DENIM SELECT ヒノキ染め「デニムのように
浜松天竜の森が育む資源は、私たちの暮らしをもっと豊かにしてくれる。
―――――――――――――――
 

L字ウッドデッキで創る!理想の屋外リビングの世界をご紹介

2024/04/16

L字ウッドデッキで創る!理想の屋外リビングの世界をご紹介 [コラム]

家族や友人と過ごす時間はかけがえのないもの。
屋外リビングスペースはそんなひとときをより豊かにしてくれます。
この記事では、L字型ウッドデッキの魅力と、それを取り入れた屋外リビングスペースの計画・設置について解説します。
自宅の庭を活用して、快適な屋外リビングを実現しましょう。

□ウッドデッキの用途とL字を含むサイズの選び方



ウッドデッキ設置の際、最初に考えるべきはその用途です。
子供の遊び場、洗濯物干し、リラックス空間、または友人や家族とのバーベキュースペースとして。
用途に合わせたサイズ選びは重要で、具体的な推奨サイズについて解説します。

1:子供の遊び場として



子供がのびのびと遊べるウッドデッキは、最低でも1.5間×7尺のサイズがおすすめ。
ビニールプールを置いたり、走り回るスペースとしたりして、家族でのびのびと過ごせる場所になります。

2:洗濯物干しスペースとして



毎日の洗濯物を楽に干せるウッドデッキは、2.0間×6尺以上のサイズを目安に。
段差をなくし、快適な洗濯物干しスペースを実現します。

3:ガーデンファニチャーでのくつろぎ空間として



外気に触れながらのリラックスタイムを過ごすためには、1.5間×6尺以上のサイズが適しています。
ガーデンファニチャーを配置して、自然を感じながらのくつろぎ空間を作り出しましょう。

□バーベキューを安全に楽しむウッドデッキの設計



ウッドデッキでバーベキューを楽しむ際は、油汚れや火災のリスクを最小限に抑えるための工夫が必要です。
安全に配慮したウッドデッキの選び方と、大型のコンロ使用時のサイズ要件について紹介します。

1:油汚れや火災リスクへの対策



バーベキューを楽しむ場合、火に強い素材の選択や、油汚れを防ぐ工夫が重要。
安全なバーベキュースペースを設計するポイントを押さえましょう。

2:大型コンロの使用時のサイズ要件



家族や友人とのバーベキューで大型のコンロを使う場合、2.0間×11尺のサイズが適切です。
十分なスペースを確保し、楽しく安全にバーベキューを満喫できるウッドデッキを計画しましょう。

□まとめ



L字型ウッドデッキは、さまざまな用途に応じた屋外リビングスペースの計画・設置に適しています。
用途に合わせたサイズ選びと、バーベキューを安全に楽しむための設計ポイントを押さえることで、家族や友人との時間をより豊かにする屋外リビングを実現しましょう。


なお、当社ではアフターサービスによる長期サポートを行い、お客様の長期的な住まいのメンテナンスをサポートしています。
家を建てた後も、長く住み続けられる家にしたい方は、お気軽にお問い合わせください。

吹き抜けのデメリットを乗り越えて理想の空間を設計する秘訣をご紹介します!

2024/04/12

吹き抜けのデメリットを乗り越えて理想の空間を設計する秘訣をご紹介します! [コラム]

新しい住まいづくりに挑む家族は、革新性と開放感を追求することが多いです。
特に、吹き抜けの設計は多くの家族が検討するポイントの一つです。
吹き抜けは、家の中に開放的な空間を作り出すせて、明るく風通しの良い生活空間を提供します。
しかし、このようなデザインにはデメリットも存在します。
今回は、吹き抜けの魅力とデメリットを理解し、それらを踏まえた上で最適な住宅設計の考え方をご紹介します。

□吹き抜けの魅力とは?



吹き抜けはリビングや玄関、階段スペースに設けることが多く、2層分の高さのある空間を作り出します。
都市部をはじめとする狭い土地でも採光を確保しやすく、太陽の光を1階まで取り込むことが可能です。
また、吹き抜けにより家族間のコミュニケーションが円滑になることも大きなメリットです。

1:開放的な空間の演出



吹き抜けによって、空間が縦に広がり、開放感を演出できます。
これにより、家全体が明るく清々しい空間になります。

2:通風・採光の向上



窓が高い位置に設置できるため、太陽の光をしっかりと取り込み、空気が循環し風通しも良くなります。

3:家族のコミュニケーション促進



吹き抜けにより1階と2階の空間のつながりができることから、家族間のコミュニケーションがより円滑になります。



□吹き抜け設計のデメリットとその対策



吹き抜けの設計には、床面積の縮小、音の問題、断熱性・気密性への影響といったデメリットが存在します。
これらに対する実践的な対策を挙げます。

1:床面積の有効活用



吹き抜けにすることで2階の床面積が狭くなるため、スキップフロアやリビング階段を取り入れて、空間を広々と有効に使うことを提案します。

2:断熱性・気密性の向上



吹き抜けの設計には断熱性・気密性を高めることが不可欠です。
エアコンやシーリングファンを設置して、上部に溜まった空気を循環させることで、熱効率を向上させます。

3:プライバシーと音の対策



吹き抜けでの音の問題やプライバシーの確保には、部屋の配置や素材選びが重要です。
個室をきちんと確保し、音が伝わりにくい素材を選ぶことで、これらの問題に対処します。


なお、当社では長期保証を提供し、安心した住まいづくりをサポートしています。
はじめての方でも安心して利用できますので、気になった方はお気軽にお問い合わせください。

□まとめ



吹き抜けは、開放感や採光、通風の向上など多くのメリットを持つ一方で、床面積の縮小や音の問題、断熱性・気密性への影響といったデメリットもあります。
これらのデメリットに対する対策を講じることで、吹き抜けの持つポテンシャルを最大限に活かし、快適で機能的な住空間を実現することが可能です。
この記事が、新しい住まいづくりに挑む家族の一助となれば幸いです。

石牧建築 標準仕様カタログ1 公開中

2023/07/07

石牧建築 標準仕様カタログ1 公開中 [コラム]

最もリーズナブルで簡潔な住まいを作るために石牧建築が良いと思うアレコレ。 地域の環境と職人とお財布に優しい仕様をお勧めしています。

最もリーズナブルで簡潔な住まいを作るために石牧建築が良いと思うアレコレ。 
地域の環境と職人とお財布に優しい仕様をお勧めしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
石牧建築仕様カタログ1
高画質でご覧になりたい方は、以下のリンクよりPDFをご覧ください。

https://www.dropbox.com/scl/fi/c6sbxj2jtmlbgks14yma4/230423-CATALOG.pdf?rlkey=kuhud99iexrbe357t9io2r8sp&dl=0

SNSの発達により、情報がありふれた昨今では
皆様が家づくりを行うにあたり多すぎる情報が目に入るようになりました。
もちろん、皆様の思う住まいを建てるために様々な情報を集めて
理想の住まいを探求することは面白く、一生のうちの最大の買い物を行うにあたり準備は多いに越したことがありません。

ただし、石牧建築のように
手刻み大工と地域の職人さんの手で建てる家づくりには様々なステークホルダーも存在します。
輸送距離や、使用されている材料。もちろんコストも関係しています。さらには、生産過程における思いや歴史なども。

石牧建築では
石牧真志を筆頭に数名の大工と、佐原広祐&西久保美和を中心とした設計部が、皆様の住まいづくりに尽力致します。
これまで家づくりを行ってきた経験と機転で皆様の思い描くライフスタイルを支え
素敵な住まいが出来上がるように手仕事を致します。

家づくりに悩む前に
まずはこれらの仕様をご覧ください。

カタログに記載されている情報の詳細については今後開催する完成見学会やヒアリングの機会に
お気軽にお尋ねください。
皆様とお話しできる機会を楽しみにしております。







P.S.
石牧建築スタッフの略歴についても今後どこかで紹介していきます。
皆様の家づくりを行う人間が何者なのか?
気になる話があれば是非、InstagramやTick tok等へDMをお送りください!

Instagram

石牧建築/ISHIMAKI KENCHIKU <運営者:浅野太智 他>  
@ishimaki_kenchiku 

石牧建築 大工チーム <運営者:合田武司 君澤ひかり 伊藤琢海 他>
@ishimaki_daiku

しましま設計室(西久保美和)  <運営者:西久保美和 他>
@4ma4ma_arc


Tik tok
石牧建築 大工チーム 
@ishimaki_daiku

石牧建築 SNS紹介

2023/06/21

石牧建築 SNS紹介 [遠州に暮らす:手刻み大工と設計部の日常]

皆様 こんにちは。
石牧建築スタッフ 浅野です。

石牧建築は 天竜の杉檜を中心とした日本の木材と素材を用いて家づくりを行っています。
その過程には、幾つものモノやヒト、͡コトとの関わりが存在しています。
その片鱗について、皆様に知っていただきたく思いHPのブログ等を更新してきました。

月一程度の頻度で更新してきたブログ。
最近はそれに加え、幾つかのSNSを用いて私達の仕事や、ヒトとその想い 材料や文化の後ろに隠れたストーリーなどを発信したいと考えています。
まだまだ発展途上な媒体ばかりですが、皆様のお役に立てれば幸いです。



Instagram

石牧建築/ISHIMAKI KENCHIKU <運営者:浅野太智 他>  
@ishimaki_kenchiku 

石牧建築 大工チーム <運営者:合田武司 君澤ひかり 伊藤琢海 他>
@ishimaki_daiku

しましま設計室(西久保美和)  <運営者:西久保美和 他>
@4ma4ma_arc


Tik tok
石牧建築 大工チーム 
@ishimaki_daiku



Pinterest
石牧建築/ISHIMAKI KENCHIKU
@Ishimaki_kenchiku



これからも遠州に暮らす皆様に 良き風を吹かす存在になれるよう日々積み重ねていきます。
SNSでのやり取りだけでなく
皆様にお会いできます機会を楽しみにしております。

作る作品、観る作品

2023/04/04

作る作品、観る作品 [遠州に暮らす:手刻み大工と設計部の日常]

 

こんにちは大工の君澤です

だいぶ暖かくなってきて
過ごしやすい季節になりました。
この寒くもなく暑くもない気温がずっと続けばいいのにと思っています。

最近は作品作りで 
やってみたかった行燈を作りました。

1番最初に作ったものを見ると
想像以上に見た目ゴツくなったりと
納得いくものができなかったので
全体的に寸法を変えて改善しながら
何個か作ってみました。

材の幅や高さの寸法が10mm5mm
少し違うだけで見た目が大きく変わるので
バランスが難しいです。

SNSなどいろんな人の作品をみていると
このやり方もありだな、面白いな。なるほど。
と思えるものがたくさんあります。 

そうやって他から学ぶのも勉強ですが
自分で考えたオリジナルのデザインや収まりで
ものを作るのが自分の今後の課題かなと思います。

他にも色々作って
この場で報告できるように頑張ります。

  

 

 

余談ですが
先日は地元の友達と4人でディズニーへいきました。

とは言いつつディズニーに詳しくないので
合田さんに色々教えてもらいながら
何作かディズニー作品を見てから行きました笑
おかげでより夢の国を堪能できた気がします

そのこともあり
最近はディズニー作品を見漁っているところです。
他におすすめの作品があったら是非教えてください。

 


Kimizawa.

 

 

 

 

 

 

 

暮らしの愉しみラボ02 

2023/02/14

暮らしの愉しみラボ02  [イベント開催のお知らせ]

まっとうな木の家を作るというコンセプトで日々住まいづくりに取り組んでいると

おなじように「本物」を目指すプロフェッショナルに出会います。




そんな出会いをすると、

私たちの木の家で 彼ら 彼女ら の世界とコラボしてみたい!

と思うことも多いのです。



そんなことから、弊社施工物件である「坂の下Rハウス」を会場にお借りし

暮らしを少し向上させてくれるイベントを定期的に(ゆるく)企画しようと思います。






***********

第2回のテーマは

「ゆるり」

吹きガラスやも木造住宅などを含めたモノづくりには
加工したときに生まれる副産資源である
端材がつきものです

浜松で生まれるモノやコト
それらに用いられる資源を余すことなく使い
暮らしを愉しむキッカケをつくる

便利な時代だからこそ
そんな風に改めて 足元に視線を落としてみると
面白いコトに出会えるかもしれませんね

今回は浜松市天竜区に <吹きガラス工房 瑠璃> を構える
栗原瑠璃華さん をお招きし
ガラスのカケラたちを身にまとえる形に変える
アクセサリーの制作Work shop 

石牧建築からは家具や造作を加工した端材から
多面体のパーツを用意しました

イヤリングやヘアピンにリングのような
心が煌めくアイテムや

ヘアゴムやチャームなど
可愛らしいアイテムも制作できます

皆様の暮らしに瑠璃(るり)を結ぶ
そんな機会をご用意し
ゆるりとお待ちしております

当日は同会場で
栗原さんの吹きガラス作品の展示販売も開催しております

暮らしに寄り添うガラスを眺めにご来場頂くのも
良いかもしれませんね

***********




【開催日】
2023年3月5日(日)


【開催時間】
10:00~16:00

※参加のためにご予約は必要ありません。
ご来場いただいた方から順にご案内致します。



【制作費】
¥1,000カラ/個
(パーツごとにお値段が少々変わります)

【会場】
浜松の中区 「坂の下Rハウス」

 ※詳細についてはMailでご案内申し上げます。
参加したいと感じた方は、
ご予約フォームの質問欄へ
参加希望の旨をご記入し ご連絡ください。

*
また、当日の参加状況把握のため
ご来場予定時間を教えて頂けますと助かります。

皆様のご来場をスタッフ一同楽しみにお待ちしております!



 








ばいせん

2023/01/19

ばいせん [遠州に暮らす:手刻み大工と設計部の日常]

新春と言ってもまた一段と寒くなってきました。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

僕の最近のブームは焙煎と媒染です。

焙煎と言えば珈琲の生豆を加熱して炒る事ですが
そんな焙煎を自分で手軽に体験できる店があるのを
思い出してそのお店に足を運びました。

店員さんから色々教えて貰いながら
豆の色や香りが次第に変化していくのを
楽しむ事ができました。

同じ豆でも煎り方変えるだけで別物になるのは
とても興味深いです。

焙煎したばかりの豆は炭酸ガスを放出させて
豆を落ち着かせると言いますが
焙煎させた当日、家に帰ってすぐ淹れてみて
その香りの強さに驚きました。

焙煎の方法は色々あるみたいでやってみたい。
観賞用ですがコーヒーノキも育ててます。

お次の媒染。

媒染と言えば布などを染めた時に
染め色を繊維に定着させる事を言いますが
木材も媒染できる事を皆さんはご存知ですか?

媒染液を使って木材の中に含まれる
タンニンという成分と反応して発色させます。

仕事上でも、材種問わず木材と他素材が触れて
発色しているところを目にします。
意図せず起きたこの発色は厄介ですが
石灰水(アルカリ性を含まない)を浸透させると
発色したところが元に戻ったりします。


媒染液を木材にも浸透させると黒い色に発色します。
個々の木材が持ってるタンニンの量や
媒染液の配合を変えていくと
青色、茶色等に染める事ができます。

木材其の物が持った力を借りて塗装とはまた違う
媒染ででた色味は上品にも感じます。

写真は媒染させたトレイや名栗の板
自分で焙煎したコーヒーと道具達
飼っているヒョウモントカゲ
コーヒーノキ、少し見えるアコギ
家の片隅の趣味スペースです。

どちらの『ばいせん』も
マイペースに追求していきたいです。

goda

全部で68件中 11-20件を表示