Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

地鎮祭

2022/01/27

地鎮祭 [スタッフブログ]

青空の澄み渡る冬晴れの朝、今年初の地鎮祭が執り行われました。

Kさんとはかれこれ2年以上のお付き合い。

いよいよはじまる家づくりにワクワクします。



ちいさな人たちも土地のお清めをしてくれましたよ。

梁の架け方がちょっと楽しい平屋の住宅が夏の終わりころ完成します。


nishikubo

遅ればせながら…

2022/01/23

遅ればせながら… [スタッフブログ]

年が明けてから時間経っていますが改めて、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始はコロナがまたではじめていたので遠出などをせず
初詣へ行ったり、地元の新年会をしたりして
あまり外出をせず過ごしました。
なのでほとんど家を出ずお酒ばかり呑んでいました。

仕事初めは年末に建ったA様邸へ入り、
1人で現場を進めています。
電気屋さんや板金屋さん、水道屋さんと
業者さんが絡んでくる所から仕事を進めていき
他の業者さんを止めないよう心がけて仕事しています。

2月半ばには次の刻みが入ってくるので
それまでには誰が入っても仕事が進められるように
一つ一つ仕事を終わらせていきたいと思っています。

大工 Takumi

本年度も

2022/01/12

本年度も [スタッフブログ]

冬休みはいかがお過ごしでしたか?
私は博打うちでは無いのですが食べる、寝る、葵三代を観る、を繰り返す日々を過ごしました。
なので丸々としてます。
ファットボーイです。

やはり津川さんの家康が1番ですね。
サイコーです。


先日、社員みんなで豊川稲荷に参拝してきました。
コロナ禍もあり4年ぶりくらいに行きました。

平日と雨というのもあり人手が少なく狙い目です。 
前回も雨だった気がしますが…。
そしてマスク外して撮っても良かったですな(笑

私も若い時は兄弟子たちと毎年行ってましたね。

久しぶりにみんなと行けて楽しゅうございました。
各々目標は違うと思いますが精進して進んで行きましょう。
ちなみに私は厄年なので近々お祓いに行ってきます。

本年度も社員一同よろしくお願いします。

オクヤマ:)

年末年始のやめられないとまらない

2022/01/10

年末年始のやめられないとまらない [スタッフブログ]

 
 
 
 
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します。
 
昨年の年明けに岩手から浜松に飛んできて
ちょうど一年がたちました。
ついこの前まで”もう半年たったのか”
と思っていたはずなんですが…。

 
昨年に引き続きありがたく忙しい日々がつづいていますが、年末年始はお休みをいただき地元宮古へ帰省していました。
 
コロナ禍でずっと帰ってこれなかった姉も今回は帰省し、久しぶりの家族勢揃いでした。

姉とツルツル雪の上でキャッチボールを意地でも一緒にやったりと家族や、友達ともゆっくりとした時間をすごしました。
何も無い街で行くところもみんな限られているので、行く先々で他の友達とも遭遇し盛り上がったりと、狭い街に珍しく感謝しました笑
 
 
何も予定がない日は
お土産を買いがてら両親と海(浄土ヶ浜)へ。
見慣れた景色ではありますが、天気も良くてより綺麗でした。お昼にはその海を横目に真鱈といくらの漬け丼。
浄土ヶ浜のウミネコにかっぱえびせんをあげるのが観光客の定番なので、幼少期ぶりにウミネコへの餌やりもやったのですが、後半気づいたら自分もつまんで食べてしまっていました。
やめられないとまらない。
 
別日には
家の近所にある魚菜市場へ行き、牡蠣を1キロ分買いカキフライと酒蒸し牡蠣をこっさぎ(作り)、会社の先輩からいただいた浜松のお酒と共に、家族にお振る舞いをしました。
宮古の牡蠣は一粒約12cmもあり肉厚ジューシーで美味しいです。
やめられないとまらない。
 
それ以上に
お母さんの料理もやめられないとまらない。
 
そんなこんなで
美味しいもの食べて
家族と友達とゆっくりとした時間を過ごし
充実した年末年始を送ることができました。
ありがたい長期休みでした。感謝です。
 
休みから切り替え
とまらずに今年も駆け巡りたいと思います。
 
 
 
 
kimizawa
 
 

こどもみらい住宅支援事業

2022/01/05

こどもみらい住宅支援事業 [スタッフブログ]

新年あけましておめでとうございます。

現在弊社が建築に携わらせていただいています皆様、またすでに建築をされたOBの皆様、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年 2021年(令和3年)9/30迄の契約、2022年(令和04年)内の入居で終わる予定だった
住宅ローン減税もあらたに控除率は1%→0.7%へと引き下げられたものの控除期間は13年※1、2025年(令和7年)内入居へ
適用期限が4年間延長されました。
※1:新築・買取再販で省エネ基準に適合しない家は2024年以降の入居は10年 既存住宅は10年の控除期間

13年のローン減税が・・・と駆け込みで来られた方もいましたが、
控除率は下がったものの少しホッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ただし、4年間適用期限が延長されたとは言え検討されている方、
家づくりは簡単にできるものではありませんので、早めに動いていく事をお勧めします。

 

そんな中で、令和3年度補正予算の中で決まりました新たな住宅取得を支援する事業として

『こどもみらい住宅支援事業』

が創設されました。


対象としては、
・令和03年11月26日から令和04年10月31日までに契約。
・令和04年1月11日から開始される事業者登録(施工者)をした後の着手
・子育て世帯 申請時点において子(令和3年4月1日時点で18歳未満)を有する世帯
・若者夫婦世帯 申請時点において夫婦であり、令和3年4月1日時点でいずれかが39歳以下の世帯

なので
13年のローン減税で控除率1%の方は対象外となりますね。


補助額として
・ZEH関連対象住宅       ・・・・・ 100万円/戸(ZEH等に認定される住宅)
・高い省エネ性能等を有する住宅 ・・・・・  80万円/戸(長期優良認定住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅)
・一定の省エネ性能を有する住宅 ・・・・・  60万円/戸(温熱性能の基準を満たす住宅)

となります。

 
この支援事業の創設の趣旨として

子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、
子育て世帯又は若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、
住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、
子育て世帯又は若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、
省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る。

 

と国交省は掲げての支援事業となり、
環境負荷を考え高性能な住宅を建てる事を実現させるための対策ではありますが、
・地震対策 ・・・・・ 耐震等級3
・環境負荷対策 ・・・・・ 温熱等級6(この地域では、Ua値:0.46)※R04.01.05現在では

この2つを、住宅の基本性能とし太陽光発電でZEHの性能にする事が大事かと考えています。

※年齢制限なんてなくていいのになぁ・・・。
 自分の世帯だけのこどもみらいじゃないのになぁと個人的には思う。


こどもみらい住宅支援事業
PowerPoint プレゼンテーション (mlit.go.jp)


SAHARA




2021年を振り返って

2021/12/31

2021年を振り返って [スタッフブログ]

今年も残すところあと少し。
2021年を振り替えると私たちには新しいチャレンジの年だったと思います。

住宅から一歩踏み出して店舗や事務所の改修のお仕事が増えたのもそのひとつ。
天竜の杉が大勢の方の目に触れ使われるのはとても嬉しいことです。

その一年のご褒美として4月に完成オープンした「浜松料理 娯座樓」さんが
ウッドデザイン賞優秀賞林野庁長官賞を受賞しました。

12月8日に東京で行われた表彰式に参加し、その場でプロジェクトについてのプレゼンテーションをしました。

そのトークセッションの場で審査員の方に言われて印象に残っている言葉があります。

「娯座樓さん、この物件の特筆すべきは何はともあれ木が素晴らしくきれいなことです。節が全くない」

私たちとしてはもっと工夫した点やこだわった点もあったわけですが、
シンプルに「木がきれい」と評価されることは実はとても意味のあることなのかもしれないと思いました。

きれいな木を使うというのは簡単なようで実は簡単なことではないのです。
高いお金を払えば手に入るわけでもないと感じています。
きれいな木を作るためにかけられた長い時間と手間を理解し、
適切に使える人に売ってもらえるのではないかと思うのです。
ホントのところはどうか分かりません(笑)
でも私が山の人なら先代から受け継ぎ大事に育てた木はきちんと料理してくれる人に使ってもらいたい、
そういうものなんだと思うのです。

だから私たちは常にそういったことを気持ちの横に置き、設計をし、墨をつけ刻んでいるのです。

あと大切なこととしてきれいな材ばかりを使うのではなく、同時に生まれる節のある材も使い、
山の循環に寄り添ったものづくりを心がけています。

そうして分けていただいた木材が、私たちの作る空間の底上げをしてくれているのです。

今回の受賞で改めてこれまでのモノづくりの姿勢を振り返る機会となりました。

2022年も次の目標に向かって走っていくのですが、根本は変わらず上質な木の空間を作っていきたいと思います。


nishikubo

年末年始休業のお知らせ

2021/12/30

年末年始休業のお知らせ [お知らせ]

 
平素は格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます。
弊社では誠に勝手ながら、本年度の年末年始休業を以下の日程で実施させていただきます。


2021年12月29日(水) ~ 2022年1月4日(火)

※2022年1月5日(水)より通常営業となります。



この期間にいただきましたお問い合わせ等につきましては、2022年1月5日(水)以降、順次対応させていただきます。
皆様には何かとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

静岡新聞(2021年12月15日号)掲載

2021/12/16

静岡新聞(2021年12月15日号)掲載 [メディア掲載]


静岡新聞(2021年12月15日号)に掲載していただきました。



中日新聞(2021年12月14日号)掲載

2021/12/14

中日新聞(2021年12月14日号)掲載 [メディア掲載]

中日新聞(2021年12月14日号)に掲載していただきました。



伐採ツアー

2021/11/29

伐採ツアー [スタッフブログ]

おはようございます!
先日フジイチさんが行っていた伐採&製材見学ツアーへ
参加させてもらいました!
今回伐採場所なのですが、国有林と言う国が管理している所の木の伐採を見学させてもらいました。
初めて伐採するところを見たのですが、
伐採での死亡率が1番高いとのことだったので場の緊張感が
すごくて見ているこっちにも伝わってきました。
そして倒れた時の地響きがすごくて驚きました。
今回伐採した木なのですが全長30mもあり、太さは60cm程の
大きな杉でした。
杉と檜の木の見分け方や毒のある木の葉の事など
色々なことを教えてもらいとてもためになりました!

その後会社に帰ってきて工場を見学させてもらいました。
木の板が出来るまでの作業を見させてもらい
沢山の機械を使い作られていることを知り、
大事に使わなきゃいけないと改めて思いました。

植林ツアー、下草刈りツアーなどもあるので参加したなと思いました!

TAKUMI

全部で701件中 11-20件を表示