Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

スタッフブログ

TOPICS & EVENT

パーティション誕生秘話

2021/01/24

パーティション誕生秘話


お待たせしました大工の合田です。
ここ数ヶ月で仕事は勿論プライベートも色々なことがありました。
ブログに書きたい事がすっかり溜まってしまって、どこから書こうか、、、

去年の11月に遠鉄百貨店で行われたライフスタイルマーケット。
そのイベントで使用されたパーティションが完成するまでの話。


最初に事務所アルバイトスタッフの廣濵さんが考えてくれたイメージスケッチ↑を元に製作に取り掛かりました。
この3本の木をどう組もうか、迷いながらもとにかく形にする。で、
試作品1号では木に穴をあけて紐で縛ってみましたが、強度が不十分でボツ。
一時現場の作業着掛けになってました。(笑)

強度を増すために3本軸から4本軸に変更させたのが2号↓。


2号は4本の木が交差する部分の受け材を四方十字継にしましたが、
誰でも組みやすく作りやすくする為に金物を使用することになりました。

ここまで勢いで製作して最後に受け材の高さなどバランスを確認し
図面を書いてできたのが3号↓。


ようやく完成。
仕事終わりに地道に進めてきて無事完成した時は嬉しかったです。


パーティションに絡ませてある紐は真田紐です。

会社から支給されたタブレットで初投稿。
載せたかった大量の写真の挿入にてこずる。
次はわざわ座のラケット。

goda

2021年のスタート

2021/01/18

2021年のスタート



新しい年がスタートしてもう1月も後半・・・

ご挨拶が遅れましたが本年もよろしくお願いいたします。

年が明けてすぐ建前がありました。

娘さんご家族と同居していたお母さんが母屋の隣に女の城を建てるプロジェクト。

大きな屋根がかかったおおらかな建物です。

頭の中でイメージしていた形が実際に出来上がるとホッとします。

「よし、大丈夫。いい家になる」と確信する訳です。





Aさま、上棟おめでとうございます!!!

 

(nishikubo)

 

 

 

 

師走 上棟式(後編)

2020/12/30

師走 上棟式(後編)



昨日に引き続き、上棟式・大阪スタイルのご紹介。
 
今、大阪の工務店、藏家(くらや)さんから設計の依頼を受け、八尾市で1軒現場が進んでいます。
 
ちょうど、先日上棟式があり参加してきました。
 
 
大阪での上棟式は掛け声に合わせ大工さんが屋根の上で掛矢(木槌)をふるうスタイル。
 
掛け声は
 
千歳棟(せんざいとう)~、万歳棟(まんざいとう)~、永永棟(えいえいとう)~
 
とうたっていて、いついつまでも棟が残って家族を守るように、家が繁栄するように。
 
という意味があります。
 
下から屋根の上で掛矢を振るう大工さんを見るのはとても清々しく大好きな儀式です。
 
大阪では祭壇はあまり見られず家の柱にくくっていたりします。いろいろですね。
 
 
 
 
 
お塩と洗い米とお酒を用意してお清めをするのは一緒。
 
そういえば浜松でいう「梵天」は大阪では「御幣(ごへい)」と言います。
 
ほんとお国が変われば、という感じ。面白いですね。
 
上棟式の後に直会があるのは大阪でも一緒。
 
 
今回もお弁当やお酒を用意いただいていろんなお話をして盛り上がりました。
 
お酒が飲めるのは公共の交通機関が発達している大阪の特権かもですね。
 
と、まぁ上棟式について少しご紹介してみました。
 
個人的には決まり事は重要ではなく、長い工事期間の一つの区切りとして、家づくりの思い出として
とてもいい場だといつも思います。
 
 
 
nishikubo


師走 上棟式(前編)

2020/12/29

師走 上棟式(前編)

 
12月に入って2軒上棟式がありました。
 
浜松と大阪で。
 
上棟式って地域によって郷土色が出て全然内容が違うのです。
 
今回は上棟式について浜松スタイルと大阪スタイルそれぞれで書いてみようと思います。
 
まずは浜松での上棟式。
 
浜松スタイルと言いましたが石牧建築スタイルなのかもしれません。
他の工務店さんの上棟式に参加したことがないので。。
 
 
 
上棟式は建前が滞りなく進み無事棟が上がったことをお祝いし、これ以降の工事の安全を祈念します。
(ちなみに、棟が上がる、というのは棟梁という1番高い所にある梁が据えられたことを意味します。)
この意味合いは浜松でも大阪でもおそらく全国共通なのではないかと思います。
地鎮祭と比べて神主さんもいないので神事という色は少なく、
住まい手と施工者で一緒にお祝いするというカジュアルな雰囲気です。
 
 
石牧建築では、2階に祭壇をつくり梵天(ボンデン;写真のもの)を飾ります。
ここにお供えを置き、棟梁→お施主様の順で2礼2拍手し工事の無事を祈願します。
お供えはお水、お酒、お塩、洗い米、が基本。
ここに海のもの、山のものを添えることもありますが最近はほとんど基本の4点でシンプルに。
 
みんなで祭壇に向かってお祝い&お祈りするそれだけのことですがとても清々しい気持ちになります。
 
 
その後、餅まきをする場合は餅まきを。
今年はコロナの影響で餅まきは0件でしたが、初めて浜松へ来た時に餅まきが盛んなことに驚きました。
大阪ではもうほとんど餅まきをしないのです。
個人的な見解ですが、遠州の人のお祭り好き精神が餅まきを求める傾向にあると思っています(笑)
 
 
餅まきはしないけど角餅だけ投げるというパターンもちょこちょこ見受けられます。
先日行った上棟式もこのパターン。
ラッキーなことにわたくし角餅をひとつゲットしたので久々にお善哉を作りましたー。
 
 
上棟式とセットであるのが直会(なおらい)。
昔は飲めや歌えや(?)の大宴会をすることもありましたが
今はお施主様と石牧建築のメンバーでお昼ご飯を現場でいただくパターンが定番化しています。
この時のお弁当だけいつもお施主様にご用意いただいています。
お弁当を食べながらそれぞれ自己紹介をしたり工事で大変だったこととか、工夫したことなど
お話ししたりします。
なかなか大工全員とお施主様がお話しする機会がないのでいい時間だな、といつも思います。
 
 
最後にお施主様からひと言いただいて終了。
 
今は上棟式をしないパターンも増えていいると聞きます。
お施主様の負担もあるので必ずしなければいけないとは私も思いません。
 
ただ、上棟式は無事建前が終わってほっとした棟梁を労う場でもあると思います。
今はプレカットが主流で建前のプレッシャーというのは少ないかもしれませんが
手刻みで建前を行う場合は担当大工のプレッシャーはとても大きなものになります。
 
上棟式をする、しない関係なく建前が終わった時には
棟梁に「お疲れさま!」 と声をかけていただけたら嬉しいです。
 
 
さて、大阪スタイルについてはまた明日!
 
nishikubo
 
 
 
 

ハマりそう。

2020/12/28

ハマりそう。

昨日は、
引っ越してから中庭でずっとやりたかったBBQを…と思ったが

さむっ!

でもやりたいなぁ。



はじめっちゃったらやるしかない。
そんなこんなで、

やってみました、ビール片手にBBQグリルで燻製。



改善の余地ありですが、
全体的に悪くない味!

中でもベーコンとチーズが美味しかった。


これハマるな。と確信しました。


こんなの燻製にしたら美味しいよ!

を皆さんお会いした時に教えてください。待ってまーす。
またこんな料理美味しいですよ~、も待ってまーす。


sahara


幅剥ぎ加工

2020/12/27

幅剥ぎ加工

浜北区本沢合S様邸では現場も大詰めを迎えています。
現場造作工事の中で今回は幅剥ぎ材加工のことについて書きたいと思います。
家庭で使っているテーブルやカウンタは一枚物の板もあれば何枚かを剥ぎ合わせて作られているものがあります。
一枚物の無垢の板は木の樹齢が大きかったり良いところを厳選した物を使われることが多い為、金額も高く手に入れるのが困難です。それでも幅が広いカウンターやテーブルが欲しいという要望にお勧めなのが幅剥ぎ板の加工材だと思います。

石牧建築では自社で全ての造作部材を加工して取り付けていきます。
その為まず材料の選別や厳選などをする「木取り」を行います。この木取り作業で全てが決まると言ってもいい程重要な作業です。どんなに良い材料でも木取りが良くないとその材料の価値は下がってしまいます。悪い材料でも上手く使うと良い材料よりも価値が上がります。木をよく見てこう使いたいと考えて決めていきます。
次に木取りした材料を製材(削り)して寸法を決めていきます。製材で木肌がより一層顔を出す為、木取りしたイメージと合っていればとても嬉しくなります。イメージと違っていると悔しいですが違う顔の方が良かったりもする為、削って見ないと分からないこともあります。製材は木の顔が分かる顔合わせ作業になります。

最後に製材した材料を「剥ぐ」作業を行なっていきます。
剥ぐ作業は製材時に木の真っ直ぐな面を作りその面にボンドをしっかりつけて貼っていきます。広葉樹など癖の強い材にはさね加工をして暴れて動かないようにより一層な固定をしていきます。剥ぐ作業で木取りのイメージが形になります。この作業工程で幅剥ぎ加工材が完成となります。
まるで一枚物の板に見えたり、違う板が揃うおもしろさが見えたり幅剥ぎ板には幅広い可能性があります。時間が合えばお施主さんと板を一緒に選び幅剥ぎ板を作りたいです。                  


渡邊


2020年のクリスマス

2020/12/26

2020年のクリスマス

皆さん
今年のクリスマスはどうでしたか?

例年とは違う世間ですが、どんなクリスマスだったでしょうか。


石牧建築では、約1か月にわたり
遠鉄百貨店さんの3階『イ・コ・イ・スペース』にて
天竜材(FSC認証材)を使ったクリスマスツリーを飾らせていただきました。

見ていただけたでしょうか。
忙しいなか少しでも癒しを提供出来ていたら幸いです。


本日26日の朝から撤収作業をし、
オープン前には元の状態に・・・。

2020年も終わりに近づいています。
コロナもありとても記憶に残る1年でしたが
2021年に向け良い準備ができるよう残りの日々を過ごしていきたいと思います。

2020年は元旦にインフルエンザにかかり自宅監禁だったな…。
気をつけよう。

 

sahara

現場進捗 ~浜松市南区若林町~ UB改修

2020/12/24

現場進捗 ~浜松市南区若林町~ UB改修

浴室の改装工事が無事終わりまして、

使い心地等確認のため伺わせていただきました。



浴室改修の現場進捗で何度かアップさせていただいたのですが、
改修前に使っていた板を使っていけたらと思いましたが難しく
改修した浴室の入口廻りは天竜杉の柾目で納めていただきました。

工事中は解体後、土間から水が出てきたり予定外もありましたが、
無事終わりました。



以前の造作の桧風呂もとても捨てがたかったですが、
ユニットバスも楽でとても快適だと。

昨今は一年に交通死亡事故の件数より、
家で亡くなってしまう(いわゆるヒートショックが起因している)件数がはるかに多いので
浴室暖房換気扇をつけ脱衣場まで浴室にお湯をためているときに暖かくできたことは、
住まい手さんの身体に対する負担も軽減できる効果的な改修でした。

また、同時に節水型の新しいトイレに交換。





圧倒的な20年の経年美と最新型のトイレが物凄くあう!



2Fのトイレもやはりよくマッチしています。

無垢材を使った家の良さが改めて感じられました。
20年たった無垢材の経年美は本当に映しく新建材にはない良さがあります。
もしかしたら、床を張り替えたり、壁をやり直したりとトイレを交換するだけに
おさまらなかったことでしょう。
長い目で見た時のお財布にも優しい無垢材。

このようなところも、木の家の良さの一つではないでしょうか。


sahara



現場進捗 ~浜松市東区天王町~ 1dayリフォーム

2020/12/23

現場進捗 ~浜松市東区天王町~ 1dayリフォーム

先月、遠鉄百貨店で行われた、
ライフスタイルマーケットにて一緒に出展していました、

tayutayu-HUT の住まい手さんの

ガラス工芸作家 栗原瑠璃華さんから照明器具取付の依頼。




ダイニングの照明器具が壊れたため、
栗原さんのガラスの照明器具を購入されたとのこと。
現調させていただいたら、ダイニングテーブルと照明器具の位置関係も
良くなかったので、




新たな照明器具を取り付けるベース事態も交換するので、
ダイニングテーブルの中央へ電気配線もやり直すこともしました。



素敵なガラスのペンダントライトが無事取付られ、
イベント多い年末年始に間に合わせる事が出来、住まい手さんも喜んでくれました。

同じものが二つとない素敵なペンダントライト、
住まい手さんの家の雰囲気にもマッチしていて部屋がとても明るく華やかになりました。



弊社の施工した建物ではありませんでしたが、
このような細かなご相談も対応していきますよ。



SAHARA


現場だより

2020/12/14

現場だより

おはようございます。
10月の半ば頃建前をし、
それから現場を任され下地をいれたり
基礎断熱、壁、天井断熱など主に室内での仕事をさせてもらいました。
その後は大親方に教わりながら窓枠、建具枠の加工をしました。
材料の出し方、機械の使い方、木の特徴などのことを
考えながら加工をしました。
窓枠はつけたことあったのですが建具枠は取り付けたことなく初めてでしたが丁寧に教えてもらい、うまく取り付けすることができました。
これからは一人でやっていけるようにもっと
数をこなし自分のものにしていきたいです。
 
今までは化粧で見えるような仕事をやってこなかった
ですがこれからは化粧で見える所の仕事もやっていくので今まで以上に道具の手入れや技術を意識して
やっていきたいと思っています。 
 
Takumi

全部で609件中 1-10件を表示