Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

スタッフブログ

TOPICS & EVENT

真夏の建前

2021/07/27

真夏の建前 NEW



毎日暑い日が続きます。
先日は晴天の元、建前を行いました。

大きなガレージのある住まい。
吹抜けにポイントとして野物(丸太)の梁を架けます。

久々の野物の梁。

ダイナミックな木の力強さを感じられる住宅になればと考えています。

 









 

 

建前恒例のお昼ご飯。

お供えに、とお施主様がタイの塩釜焼を焼いてきてくださいました。


金づちで「トントン」

 

 




中からめでたいタイが!!

こういう演出、ワクワクしますね(^^

 

まだまだ暑い日が続きますが体調管理をしながら現場を進めていきたいと思います。

 

nishikubo

 

 

 

 

墨かけ

2021/06/23

墨かけ

昔の宮大工の言葉で
穴掘り
3年、鋸5年、墨かけ8年、研ぎ一生
なんて言葉があります。

そんな大工5年目の僕は絶賛墨かけ中です。
先人の言葉は昔の話と考えて、木構造による法律が変わればその都度対応し応用していく訳ですから墨かけ8年と言わず一生突き詰める必要があると僕は思っています。

そんな墨かけは今回で4件目ですが
隅木と谷木、夫婦梁、キャンチ梁など
お家の躯体其々特徴があり、墨かけの段階で
どう納めて墨付けするかなどが楽しいです。

そして今回の躯体の楽しみは太鼓梁になります。
太鼓梁の何が楽しみか簡単に説明すると、

太鼓梁に矢羽根加工を施し漆を塗る。


僕からすれば究極のデザートになります。
野物の造形ハツリ加工凹凸の上に漆塗り
計り知れないロマンが詰まっています。

何本か野物を出しては荒削りして、他の予定など大幅にロスしたものの良さそうな太鼓梁が出てきました。

木の捩れなど一気に削ぎ落としたい時は鉞や釿を使い、今回は削る量が多いので時間がかかる八角の太鼓梁にしました。太鼓梁にしてはスッキリする印象なので個人的には好きな形です。

写真の状態は荒削りの状態なので
ここから仕口の加工をして、漆を塗るので腹と背中は鉋で仕上げて側は矢羽根の加工をします。

時間がある限り手をかけたいと思っています。

夜な夜な矢羽根加工用の道具を仕込み試す日々。
失敗して改良しての繰り返し。

余計な固定概念は捨てて仕込みは我流なので
使う道具本来の用途ではありませんが
思い描いている状態に仕上がるように頑張ります。

goda

やってみてわかること

2021/06/01

やってみてわかること

6月に入りました。初めて経験することになる静岡の猛暑が日に日に近づいていることに怯えています。


5月にいただいた連休を利用して
従姉妹と友達の娘さんに積み木を作りました。
あられ組の継手で箱を作ってみたり
車のおもちゃも作ってみました。
早速遊んでくれている写真を送ってくれて
出来のクオリティーはともかく嬉しかったです。
次何か作る時は自信もってプレゼントできる技術を身につけたいと思います。
 
 
今回の小物作りでも、普段の現場でもそうですが
見たり聞いたりしてわかっているつもりでも
いざ自分でやってみるとなると
うまくいかないことがほとんどです。
わかってなかったんだなと思い知らされます。
 
最初はそんなもんだよと今は優しくフォローしてもらう事が多いですがその言葉に甘えず、自分なりに成長できるようにこれからも日々勉強していきます。
 
 
Kimizawa

趣味

2021/05/23

趣味

先日のイルボスコ感謝祭には多くのOB様や関係者の方々がご来場くださりとても良いイベントになりました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
先輩大工の提案で、感謝祭に出展するものを木端や余りの材料を使い何かを作ろうということで、朝早くや休憩時間などを使い小物を作りました。小物作りがとてもおもしろくはまってしまい、何十年も無かった趣味となりました。
何を作るかは自由で、参考になる画像などを見て、寸法やデザインを考えて簡単なスケッチを書いて形にしていきます。
使う予定の無いものや捨てるはずだった材料を上手く使い、自分で考えて完成した小物を誰かが喜んで使ってくれる、こんな良いことは無いと思います。木も人も喜べる趣味をこれからも大切にしていき一生続けていけるようにしていきたい、そして沢山の小物を喜んで大事に使っていただきたいと思います。

渡邊

気密測定

2021/05/15

気密測定

おはようございます☀️
お久しぶりです 大工の伊藤です!

タイトルの通りなのですが、
今週の木曜日に気密測定を自分が担当している現場で
行いました。
初めて測定するところに立ち会いました。
機械を窓に取り付けてシートのようなもので窓を覆い
室内の空気を抜き内外の気圧の変化で断熱性能を測定する
仕組みです


断熱材を入れるのには少し自信があったので
どのくらいの数値が出るか楽しみでした。

僕がやった現場の数値は0.36という結果が出ました!
とてもいい数値が出たので痒い思いして入れて
良かったと実感しました笑

高気密住宅としてよく言われるのがC値1.0以下といいます。
(1.0は割と緩い数値と考えています。)
石牧建築では、C値0.5を一つ指標としている中で
充填断熱の施工方法でC値 0.36

これからもいい数値が出せるように断熱材しっかりと
入れて行こうと思います!

 

 

ITO

キーナンバー40

2021/05/13

キーナンバー40

40歳手前になりまして、いろいろと考えることが増えてきた気がします。

大した事ではないのですけどね。

平均寿命を考えると折り返し地点であります。

ふと自分が修行し始めた頃を思い出します。
兄弟子が今の年頃だったんだなぁと。

あの頃はおじさんだと思ってましたが今自分が迎えて20離れている子達から見るとおじさんなんだと思われてるのでしょうね。haha.

現場への通勤路が昔勤めていた作業場の前を通ります。

そうすると思い出すのですよ。

毎日行きたくないって思ってたことを。

当時はとても嫌でしょうがなく苦痛で、辞めたあとはとても幸せだったくらいです。


ですが、今はとても感謝をしています。

恐怖心が未だに残っているのか会うと逃げるか気づかないフリをします。近所なので。

感謝の気持ちを直接言えないのでここで感謝の意を伝えておきます。
どこかで見てる事を願い。

自分もその年齢に近づいてきたって話しデスタ。

久しぶりに兄弟子にでも連絡してみようかと思いマス。

どうでも良いのですが自宅でハーブティー用のカモミールが育ちマスタ。

乾燥させて飲んでみます。

ちなみに花言葉は「仲直り」「逆境で生まれる力」らしいッス。

オクヤマ:)

イルボスコフェス

2021/05/05

イルボスコフェス

連休初日の5月1日にイルボスコフェスVOL.1を開催しました。
お越しいただいた皆様、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

今回は感謝祭というスタンスでイベントを行いました。
久しぶりにお会いするお施主さんとの近況報告や、小さかったお子さんが大きくなって一緒にワークショップを楽しんでくれたり、私を含めてスタッフ全員ほんとやってよかったと感じています。





初めての試みで、至らないところもあったかと思いますが、次回に生かしていこうと思います。
VOL.2楽しみにしていてください!



イシマキ

リニューアルオープン

2021/04/15

リニューアルオープン

 以前の現場進捗より

 現場進捗 ~浜松市中区 肴町~

 鉄骨造の冷たかった空間が約2ヵ月の工事期間を経て
 リニューアルオープンされました。

                 鉄骨むき出しで寒々しかった空間が、
                国際規格であるFSC認証材の天竜杉をはじめ、
                多くの職人さんのマンパワーによって生み出された力強さと繊細さを合わせ持つ空間となりました。


                感染症対策としても各個室換気の窓が付いていたり、
                それぞれの空間が密にならないよう贅沢な空間となっています。
                左の壁は漆塗装施し、正面の壁は天竜の大径木活用から生まれた柾目の杉板
                全体的に木の空間ではあるが洗練された品がある空間。
 


                以前の娯座樓さんから解体時、活かし取りした木材は大胆な使い方でリユースさせていただきました。
                このダイナミックな杉の板類は春野山神社の御神木で伐採当時が樹齢260年(現在:280年目)
                20年以前のお店で使われていたものをしっかりと再加工させていただくとまだまだ使用できることがよくわかります。
                これも木材の利用のメリットです。


                        天竜杉(これもFSC認証材)の椅子
                        これも今回、石牧がこのお店のためのオリジナルでデザインをして作り上げました。
                        座り心地もすごく良いし、軽い!
                        是非、座って体感していただきたい。


                大工さんの技術の一つチョウナを使って名栗加工を合田がしました。
                この辺の話は、私がするより本人からきっとエピソードがまたブログにてあると思います。
                苦労してやっていた分、すごく力強さを感じるファサードとなっています。

 かかわっていただいた皆様のパワーを感じながら
 美味しいお食事を

 

  sahara

                              



 世界基準FSC認証 天竜材 × 浜松パワーフード × 新型コロナ感染対策安全安心認証店舗

 浜松料理 娯座樓』
 静岡県浜松市中区肴町317-15
 TEL:053-456-7028
 (ご予約はお電話にて承っております)
 営業時間 18:00~24:00(LO 23:00)
 定休日 日曜日

7度目の春

2021/04/12

7度目の春

咲いていた桜も散り、緑が青々としてきました。
他の植物たちも段々と変化を見せていて、春だなぁと最近感じています。
(下の写真は、春野にあるil boscoの敷地内の木たち)


浜松という街を知ってから、早6年が過ぎ、変わりゆくものに切なさを覚える今日この頃です。

この文を読んでいる方は、ふと疑問に思っているのではないでしょうか、著者は誰だろう、、、と。
そうなんです、初めてブログを書いています。

ですが、初登場ではなく、、、
愛読者の皆様ならお気づきかもしれませんね。
インターンや学生アルバイトとして時々ブログに載っていた廣濱です。
石牧建築に今年の春から社員として入りました。
よろしくお願いいたします。

漢字は一見読みにくいですが、いろんな意味で面白い人間なので、見学会やイベントなどで見かけたら気軽に話しかけていただけると嬉しいです。
では。


Hirohama

はじめまして

2021/04/02

はじめまして


初めまして

年明けから石牧建築に入社いたしました君澤と申します。 
岩手県から来ました。

仕事をしていると業者さんやお客さんなど
出会う人出会う人に
“ え?岩手から?なんでまたこの浜松に(笑)?”
と高確率で言われます。
その問いかけにトーク力が皆無な私は、
“手刻みを学びたくて…” とざっくり中身のない返答をしてしまいます。

しかし本当は

◯墨付けから刻みを自社大工で行う事はもちろんですが家具なども作っている環境であること

◯手刻みや加工場の見学、イベント行事を通して
お施主さんだけでなく地域の方々など幅広い年代に手仕事の良さを直接伝えられる機会があること

◯木を扱う職なので木について知識を増やし仕事に生かす技術を得たい、という自分の理想に近い環境があること

などの理由で石牧建築に入ることを決めました。

プレカット工法ではなかなか触れることがない
手刻み技術を身につけているのとつけていないの
普段から刃物を使う使わないのとでは
この先技術の幅は大きく変わっていくと思っています。

正式に入社してから3ヶ月目に突入しましたが
このように求めていた技術や知識を吸収して、
岩手から静岡まで来たことが意味のある事だったと
自分自身が思える日々を送っていけたらなと思います。


よろしくお願いします。


Kimizawa

全部で635件中 1-10件を表示