Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

新しい可能性に...

2017/03/04

新しい可能性に... [スタッフブログ]

西区Sフォトスタジオ様の建方が終わりはや1週間が経ちましたが
現場では現在外部工事をもくもくと進めています。

今回玄関の庇部分を剛接合で固定するということでホームコネクターという商品を使います。
このホームコネクターを使えれれば化粧で金物がみえてしまうとこや、梁のピッチが飛んでしまう大空間を作ることが出来るので今後が非常に楽しみです!
現在現場ではホームコネクターのボンドを注入できるように梁を固定して、最終確認をしたのち固めていくところです。

今後も新しい可能性にどんどんチャレンジをしていくので石牧建築の動向を楽しみにしていて下さい!!

山内

三人寄れば文殊の知恵

2017/03/03

三人寄れば文殊の知恵 [スタッフブログ]

今日はスペースセブンにて、今月上棟予定の「いそらの家」の設備設計の打ち合わせをしました。

東京からタニタハウジングウエアの方もお越し頂き、電気屋さん、そして佐原と皆で納まりの確認をしました。

「いそらの家」では、以前「ひとつ屋根の家」にも使用した屋根材型太陽光パネルのエコテクノルーフを導入し、そのパネルの発電時の排熱を室内に取り込み、床下エアコンと絡めて家じゅうを温めるという計画をしています。
そこまでは、弊社事務所にも設置してある「そよ風」の進化形でしかありませんが、今回はさらに熱交換器による全館空調をすることで、暖房だけでなく冷房も床下エアコン一台で快適な環境を作ることが出来ます。

今日の打ち合わせで、畜冷暖も上手く利用できるような設計に変え、さらに少ないエネルギーで快適な環境を作ることが出来るプランが出来上がりました。

打ち合わせの度に皆が自身の専門的な意見をぶつけ合い、ものづくりを進化させていくことでここまでハイレベルな事が出来るようになるのかと興奮しています。

日本初の試みです。
来月8日には施工見学会を予定しています。

石牧

ZEHの賛否

2017/03/02

ZEHの賛否 [スタッフブログ]

今日はZEH推進を懸念する声について

まずは、昨日も話した国のエネルギー施策を一般家庭が負担するという意味でこれから新築使用する家庭に費用負担が大きくなるという事。

賃金が上がらない中で、消費税の増税の話やに加えエネルギーの自給自足など益々格差が広がるのではないかと心配されています。

もう一つは、長期優良住宅の推進が優先だという事。

現在、長期優良住宅は全体の2,3割といわれています。
限られた予算の中でZEHを優先すれば、益々この数字は伸び悩むことになると思います。

長期優良住宅といえど認定制度なので、実際の現場では更に断熱気密施工の精度の問題や、外壁通気層の確保など、しっかりと施工できているかどうかといえばもう少し割合は減ると思います。

断熱を強化して太陽光パネルを載せるとZEHにはなりますが、構造の検討や劣化対策がしっかりできていなければ家は長持ちしません。

ローコスト+ZEHは心配です。

まずは長期優良住宅、そのうえでZEHというのが私の考えでもあります。

石牧

床暖房工事

2017/03/02

床暖房工事 [スタッフブログ]

先日2日間で床暖房の工事をしてきました。

冷えは足元からくるのでお勧めです。
約5ミリの温水パネルを既存の床の上に敷いてその上に仕上げの床材を貼ります。

試運転で入れてくれたときはあまりの暖かさに昇天する位の気持ちよさでした。

これから暖かくなる季節ですが今年の冬に向けて準備しておくのも良いのでは・・。

足元だけではなく部屋も暖かくなりますしね。

「暖かい」は基本的に良いことしかないですよ・・HAHA。

奥山

ぜっちって?

2017/03/01

ぜっちって? [スタッフブログ]

今、家づくりをしようといろいろ調べると、ZEH(ゼッチ)という言葉をよく見かけると思います。

ZEHとは、簡単に言うと家庭のエネルギーの自立化を目指すことです。

何故今、ZEHが推進されているのか?というと、国のエネルギー施策だからです。
全ての国が温暖化対策を実施し今世紀後半にゼロ炭素社会を目指すという「パリ協定」が採択され、今世紀前半のエネルギーミックスを決めました。
2030年のエネルギーミックスはおよそ再エネ25%、原発25%、火力50%で、2050年には再エネ又は原発を90%以上にして、火力発電は無くなる方向で審議されているそうです。


北欧などでは家庭で暖房以外のエネルギーをあまり使わないため、断熱性能を高めてニアリーゼッチを目指すだけでゼロ炭素を目指せるようですが、日本は家庭での消費エネルギーが全体の二割を超えることから、北欧のような施策はとれず、日本はエネルギー基本計画で家庭はエネルギーの自立化(ZEH)を目指すことを決定しました。

さて2050年に向けて、家庭で使う電気はどうやって作ったら良いでしょうか?
というのがZEHを推進しなければいけない理由。

ただもう一方でZEH推進を懸念する声もあります。

それはまた明日。

石牧

浴室の換気方法

2017/02/28

浴室の換気方法 [スタッフブログ]

我が家では浴室の窓を開けるか開けないかで何度か議論になりました。

お風呂入った後は窓を開けて換気しないとカビる。というのが妻の意見で、私が最後にお風呂に入って窓を開けていないと怒られます。

今は換気扇の性質もあって、浴室の窓を閉めた状態で換気扇をまわすように言われています。
私も、お客さんに引き渡しの時など取説でそう説明しています。

でも我が家は窓を開けます。
これは家庭のルール、その辺は臨機応変に(笑)

石牧

現場の仕事量

2017/02/27

現場の仕事量 [スタッフブログ]

私は日中は現場で大工として仕事している時間が多いです。
大工なので当たり前といれば当たり前な事ですが、数人の社員大工を抱える工務店の社長としては稀で、多くの工務店経営者に、いつまでも現場に拘るべきではないと言われます。

大工として仕事しているときの私は、仕事の納まりであったり思ったように仕上げるためにどういう手順で仕事をしようか?とか工程、業者の手配のタイミングと現場の進捗など、常に工期や手間のコントロールなどを考えています。
職人にとっては、マネジメントとは手間の管理であって、趣味とは違い、予算や工期がある中でプロとして最高な仕事をする為には手間のコントロールがとても重要です。

そうした現場の仕事量を考えることは、プランニングをするうえでも積算するうえでもとても重要で、大工を社員として雇用する弊社にとっては経営にも大きく関わってきます。

また、現場を見て、現場の仕事量を知ることは、無理のない施工やより良い施工をするうえで欠かせないものと考えています。

石牧

風邪と口角炎

2017/02/26

風邪と口角炎 [スタッフブログ]

一週間前から風邪っぽい症状が続き、中々治りません。

若い時と違ってあまり風邪もひかなくなりましたが、たまにひくと治りが遅くなったように思います。

特に今回は喉の腫れが酷く、飲み物を飲むにも辛く、唇の荒れからか口角炎にもなり口を開くのも痛いため、飲食が楽しめないのが治りの遅さにも影響しているように思います。

周りにも同じような症状を訴える人がいて、今年の風邪の特徴のようです。

外出時はマスクを着用して風邪予防に心がけてください。

さて、上棟も終わり、ホッと一息したいところですが浜北区では新たな工事が着々と進んでします。

こちらは来月上棟予定。
今回は私が墨付け担当です。

またしばらく山籠もりが続くので、今日は早く寝て万全な体調で墨付け作業に臨みます。

石牧

祝上棟

2017/02/25

祝上棟 [スタッフブログ]

今日は西区馬郡にて建前でした。
国一沿いで、海に近く、この時期は遠州の空っ風が吹き荒れる場所ですが今日は天気も良く、風も比較的に少ない上棟日和でした。

とはいうものの、乾燥した空気の中、知らず知らずのうちに唇を舐めているのか唇が荒れてヒリヒリしています。

天候のおかげもあり、予定通り美しく組みあがりました。


その達成感もあり、夜遅くまで工房で、重たい構造部材を加工し、材料の手配、当日の段取りなど、上棟前の張りつめた緊張かんから解き放てれ、心地いい疲労感で週末を迎えます。

基礎工事や仮設工事など既に工事は始まっていますが、これからいよいよ現場での工事本格的に進んでいきます。

達成感と安堵に浸りながら週末はゆったり過ごし、また来週から気持ちを新たに緊張感をもって工事を進めていこうと思います。

最後は皆で記念撮影♪

石牧

日々進化

2017/02/24

日々進化 [スタッフブログ]

今週末上棟の「studio‐S」の構造部材が現場へと運ばれて行きました。

今回の墨付け担当は山内

山内は加工場にパソコンを持ち込み、CADを使いながら詳細の検討を行うという独特のスタイルで墨付けを進めます。


およそ500本を超える構造部材を一本一本墨付けをし、刻む弊社の家づくりは現在ではとても珍しいものとなりました。

機械化やアウトソーシングが進む中、手仕事に向き合い問題点を明確にしていくことで、
より正確にそして効率的に仕事を進めるよう各自が様々な工夫をして日々進化を続けるています。

いよいよあすは上棟です。

石牧

全部で677件中 371-380件を表示

 

新着情報

一覧へ