Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

新しい技術を学ぶ

2017/04/25

新しい技術を学ぶ [スタッフブログ]




弊社事務所も設計していただいた、村松篤建築設計事務所の村松篤さんからお誘い頂き、掛川森林組合の新しい事務所に伺いました。

現在、業界でも主に中大規模の建築物の木質化で注目されている、WOOD.ALCを使った建物。
住宅でも使う間柱の大きさのものを、貼り付けて作る集成材のパネル。
上部:外観
中央:内観
下部:隣接するWOOD.ALCを外装に使った鉄骨の倉庫

意匠だけでなく、構造にも使うのは初との事。
自分たちも以前住宅にも採用できないかと、検討した事もありました。

耐火も、耐力もしっかりとした、試験の上使われていてとてもいい物を見させていただきました。

住宅で今すぐ使う、使わないは別としても事務所規模での採用があるという事は、
小規模建築での可能性は十分考えられると思います。

柔軟に思考を広げて考える事。
大工工務店として昔の技術に固執することなく、作業小屋・刻み小屋がある利点を生かして、
取り組んでいきたいと思います。

佐原

秋田エコ住宅視察ツアー

2017/04/24

秋田エコ住宅視察ツアー [スタッフブログ]

少し前に、
エコ視察ツアーに参加させて頂きました。
タニタハウジングウエアさんに感謝です。

ツアー初日は、大曲にて
タニタハウジングウエアの工場見学と、『もるくす建築社』様の佐藤社長の自邸の見学。






自分たちの住んでいる、浜松地域に比べ日照時間や気候など環境が厳しいなかで、電気やガスを自家で賄うオフグリッドの家。

2日目は能代に移動し、
これまたエコハウスを昔から追及している『西方設計』様の事務所と自邸を見学。
30年も前から、この事務所はあり、手を加えながらも大きくは変わっていないという。
長い年月が経っているのが外壁の板の感じからも伺えるが、ものすごくいい味になっている。

2日間という短い時間ではありましたが、
日本のエコハウスの先頭を走っている方達を見て話しを聞き、
『オフグリッドがいい!』とか『長きにわたりエコハウスに取り組んでる!』
からとか、そういう話ではなく挑戦する心意気が半端ない。

改めて、
国策でもある2020年ZEH標準化もありますが、
これはあくまで一つの指針であって(好きとか嫌いという話ではありません。)、限りある予算の中で平準化していくであろう技術を上手に選択をしていきながら、
お施主様の暮らしを豊かなものにするための家造り・モノ造りをしていきたいと…赤い新幹線『こまち』を堪能しながら帰路につきました。

佐原

施工見学会

2017/04/19

施工見学会 [スタッフブログ]

少しブログの更新が遅れてしまいましたが、
今月8日に行われた石牧建築のZEHなおうち『いそらの家』施工見学会について報告します。

この日はあいにくの大雨で、予定していた太陽光パネル(エコテクノルーフ)の施工状況については見学ができませんでしたが、
㈱吉岡からいらした弊社の空調アドバイザーと弊社スタッフ佐原より
エコテクノルーフとISソーラーのシステムについてスライドを用いて、それぞれ説明をさせていただきました。





次にダクトから床下のサーマルスペースを通り、空気が流れる様子や制御盤などを見学していただきました。

全国初の試みということで、県外からもご参加いただき、興味深くご覧になっていただけたようです。
今後も機会があれば開催したいと思います。

石牧ゆ

断熱施工

2017/04/02

断熱施工 [スタッフブログ]

いそらの家は上棟後二週間が経ち、外部下地や内部の断熱気密施工が終わりました。

現場の様子を少しづづ。

今回は、床下も利用して蓄冷暖をする計画のため、基礎の内側の土間部分にも断熱を敷き詰めています。


断熱材の継ぎ目や隅など隙間が出来ないようにテープを張ったり気密していきます。
これがなかなか手間がかかります。

壁は充填断熱材を押しつぶさないようにカットし隙間なく入れていきます。


下地材の裏側など、入れにくいところから先行していきます。

見えないところだからこそ現場で施工する私達職人の意識が問われるところではないかと思います。

ひと通り断熱材を入れ終わったら防湿層の施工へと移ります。

つづく

石牧

無駄なこと

2017/03/22

無駄なこと [スタッフブログ]

「無駄」っていう言葉があります。

無駄使い、無駄な知識など・・・。

役に立たないであろう無駄な事を知るのが好きなのです。

父親に似たせいか。

「捜査の中で無駄なことがほとんどだよ。でもその中に答えと繋がる事がある」

と、警察官だった父親に昔言われたことを思い出すのです。

本人は忘れてますけどね。

人は2足歩行。動物は4足歩行。

ヒトとは違って虫と動物は五感を使って生きてるのです。
自然と共存共栄。

溶け込みあう能力。

最近ではスペックというのかな。

どこぞの都知事ではないけど。

不自然はダメ。
愛妻、納税、尊敬。(なんか某学園みたいだな)

学ぶこと多きにありです。

色んな物を引き算していって進化していったんだろう。芸術家です。
自然界で地に足付けて生きてるなら自分も対等になりたいと思ふのです。

私は詩人なのか。

いえ、ただの大工です。

何を書きたかったのか・・。

ただ、ネタが無かったのでこの本が面白かったと言いたかっただけでした。
小学生コーナーに売ってます。

サイの角はただのイボらしい・・。

また無駄な知識が増えたな。haha.
そして、変なことを無駄に書いてしまった。すみません。

箸休め程度でお読みくださいませ。

病んでいませんのでご安心を。

今日の小町。メス。


スゴい顔だな・・w

奥山

Sフォトスタジオ進行状況

2017/03/17

Sフォトスタジオ進行状況 [スタッフブログ]

西区Sフォトスタジオでは玄関の庇を作っています。
この庇は片持ち梁でもたすため「ホームコネクター」を使っています。ホームコネクターのボンドが固まったので現在玄関庇の下地を進めて、来週には外壁をはれるように着々と工事を進めています。
外部が終わればいよいよ内部に取り掛かるので現在打ち合わせを進めてスムーズに進むようにつとめています!


山内

はじめての上棟式(お餅まき)

2017/03/16

はじめての上棟式(お餅まき) [スタッフブログ]

昨日(3/15)私、上棟式(お餅まき)デビューを致しました。
17:00開始でしたが、1時間程前から参加される方が集まっていてびっくりしました。
その後も続々と人が集まりなんかよくわかりませんが、日常ではない感じに少しドキドキ。

始まる前にまかれるお餅やお菓子を見せて頂き、
こんなに沢山まくのかとテンションが上がりはしゃいでしまいました。

お施主様・大工さんが屋根に上り儀式が始まり、青空の中お施主様や大工さん達が
屋根にいる姿にまたまた日常にはない光景にドキドキ。


いよいよお餅まき、まず四隅から大きなお餅がまかれます。
その後お餅やお菓子おひねりがまかれました。
「餅まき」という言葉からなんとなく空からお餅が降ってくる想像はしておりましたが、
お餅やお菓子が宙を舞っているのはとても不思議な光景でした。

体験してわかったことは、落ちてくるお餅はかなりのスピードだということ、
ダイレクトでキャッチしようと思いましたが、とても無理、怖くて逃げてしまいました。

はじめての上棟式(お餅まき)は楽しくて年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
次回また参加させて頂く機会がありましたら、是非参加させて頂きたいです。

以上、上棟式(お餅まき)レポートでした。

高橋

屋根通気層

2017/03/16

屋根通気層 [スタッフブログ]

昨日上棟を終えた「いそらの家」は強風の中、順調に作業が進み、雨仕舞いまで行う事が出来ました。
いつも理想とするものの軸組の建て方が目的とした上棟では中々雨仕舞までというのは難しく、普段は上棟後しばらくはブルーシートにくるまれるのが一般的です。

特に今回は内部空間を友好的に使う為、上り梁形式で構造を組んでいるため、平屋建てとはいえ作業に手間がかかる中、耐力壁の施工までできたのは大工衆の頑張りの成果ではないかと思います。

屋根面には通気層となる下地の施工も行いました。
昔の家ではなかったこの通気層と呼ばれる空間を現在では劣化対策として設けています。

通気層の大きな役割としては二つあり、一つは外壁面から侵入した雨水の二次防水としての役割。
そしてもう一つは湿度や熱を排出するという役割です。

断熱や気密、そして構造と同じようにこのような通気層の確保などは、劣化対策として、丈夫で長持ちする「いい家」を作るうえでは欠かせないものです。

石牧

祝上棟

2017/03/15

祝上棟 [スタッフブログ]

浜北区の現場では昨日より棟上げを行っています。

少し心配な天気予報が出ていましたが、
今朝は青空も見え、なんとかもちそうな気配。

夕方からは上棟式と餅まきが行われます。

石牧ゆ

餅まき

2017/03/15

餅まき [スタッフブログ]

IshimakiのZEHなおうち ”いそらの家”は
本日無事上棟式を終え、盛大に餅まきも行われました。

天気にも恵まれ、大勢の方が集まった餅まき。
私にとっては幼いころから何度も見てきた光景ですが、
昨年スタッフになったばかりの髙橋には初めてのことだらけ。
いざ開始すると場の高揚感に驚いているようでした。

上棟って、お施主様はもちろんのこと、大工にとっても華の舞台なんです。
このピリリとした空気がなんとなくいつもと違って
そこにいる大工さんたちがかっこよく見えたりするんですよね。

今回、人生初の餅まきを体験したスタッフ髙橋の『餅まき体験レポート』もお楽しみに。

石牧ゆ

全部で676件中 351-360件を表示

 

新着情報

一覧へ