Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

新規物件の準備 ~木材検査~

2017/10/07

新規物件の準備 ~木材検査~ [スタッフブログ]



弊社作業場(イルボスコ)のある春野町は、肌寒くなってきました。
墨付け小屋には、次のお施主様の材料が搬入されてきています。
構造躯体に使う材料は全て地元天竜の山の材を使います。






墨付け・刻みをする前に木材の検査。
木材の持つ水分量(含水率)と木材の弾性強度(ヤング係数)を計っていきます。
この検査を終えたら、墨付け → 刻み・加工 と進んでいきます。


その中でも、奥に寝ている見えるところに使う材料があります。
マグロで言う『大トロ』かな…。
今回もきれいな材料が入っています。

いつもここで製材業者さんと意見交換を密にします。
お互いにこんな取り組みできないか?こんな風に丸太を製材したらどうか?
製材する過程で商品としてはなかなか世に出す事は出来ないが、
大工さんの加工技術を生かしていけば使えるものも多い。
こういった、『漁師めし』的な材料も生かしたいし、
製材業者も生かしてもらえたらと・・・。
先人が何十年と育ててきた山の資源はできるだけ余すところなく生かしたい。
生かす技術と加工する場所『イルボスコ』が石牧建築にはあります。
これは、他社にはあまりない大きな魅力の一つですね。

原木供給・製材業者(㈱フジイチ)さんと石牧建築の、
素材の活かし方の探求はまだまだ続きます。
新たな取り組みの報告は、またの機会に・・・

佐原

作業場の見学や製材所の見学に興味のある方は、弊社まで。

CONFORTに掲載

2017/10/06

CONFORTに掲載 [スタッフブログ]




隔月間雑誌 CONFORT(コンフォート)
最新号№158

住宅に漆を取り入れる特集があり、
昨年一緒に建築をした、Ms建築設計事務所の三澤文子さん・沢幸漆店の沢田欣也さんが載っています。

その特集の中に弊社施工のお宅が掲載されています。

もともと、日本の建築に古くから使われている『漆』
興味があっていい機会に恵まれました。

今では、水廻りに使う木材や柱・梁などに使わせていただいています。
自社作業場にて、漆塗装。
拭き漆もする大工工務店 石牧建築。

これからも、弊社の思想にあう素材選び・素材探しの旅は続きます。

是非、お近くの書店で手に取ってみてください。

佐原

azumaya

2017/10/06

azumaya [スタッフブログ]

私が大工になって初めて入った現場。

社会人になり立てで、これが現場でこれが大工の世界だと知り必死だった思い出が頭をよぎります。
100坪を超える平屋建ての家で、この現場で覚えたことが今の自分のルーツではないかと思っています。

それから20年の時を経て、またお仕事させていただくことになりました。感慨深いです。


今回はあずま屋をはじめ、門、塀など新築工事とはまた違った仕事をさせて頂きます。

初心に帰り、とても懐かしい気持ちでいっぱいです。

石牧

庭のリノベーション

2017/10/05

庭のリノベーション [スタッフブログ]

昨年の11月に現在の事務所『Space seven』に移動して少し経った頃。

「お庭の工事をしてもらえますか?」と、

訪ねて頂いたお施主様の作庭が大詰めを迎えています。

ご自宅を建てられてから数十年、
自分たちの手で少しずつ、自分たちの好みに庭づくりをされてきたお施主様。
時と共に庭に手を入れていく事が難しくなってきたり、
水はけも改善したいと依頼を受けました。

新しく樹木・植栽を少し追加し、
大切に育ててきた、樹木・植栽などは配置を変え整えたり。
お施主様の先祖たちの昔の家に使われていたのべ石や古瓦など、
大切に残されていた物を石畳のように使わせていただき、
お困りごとを解決しながら今の暮らしにあった庭に変えていく。
弊社の大切にしている思いも形にさせて頂けたかと思います。

もう少し工事は続きますが、
完成を間近に控えた庭は以前より広く感じられ、
ご夫婦と、共に一緒に住んでいる二匹の犬も楽しめる場所がいくつもある庭になりました。




長い年月を生活し、変化に対応できるような家造り。
住み慣れた住宅を性能を向上させながら、暮らしにあうようにリノベーション。
暮らしの変化と共に生活に合わせた、
『庭のリノベーション』も今後増えていくのだろうと感じています。

庭師さんと共に、お庭のリノベーションも積極的に提案をしていこうと思います。
庭の作庭がメインの珍しい依頼でしたが、M様に感謝です。

石牧建築は、
住宅(建物)だけを作る大工ではなく、住宅に関わる空間も総合的に考える。
気持ちの良い空間や、街並みに配慮した空間を届けたいと考えています。

今月21日(土)は浜北区の方で、
新築したお家とリノベーションさせて頂いたお家をいい距離感で繋ぐ庭
『いそらの家』『いそらのはなれ』の見学会になります。
詳しくは、イベント情報で。
多くの方々のご来場をお待ちしております。

佐原

私事ですが

2017/10/03

私事ですが [スタッフブログ]

奥山です。

先日、結婚式を終えました。

この3ケ月間は決めることが多く頭がパンク状態でした。

妻がウェディングプランナーだったので色々と計画から構成、段取りをやってくれたのでとても助かりました。

男はダメですね。

妻の有終の美を飾るにふさわしいとても良い式でした。
列席してくれた方々にも好評だったのでそれが嬉しかったです。

近所の変わったおじさんもビデオ撮影で参加してくれました。

実は自治会長でもある。

ある意味この方が一番目立ってましたがね……w

そんなおじさんがお祝いで絵とジャズライブのチケットをくれました。

自分好みのタッチなので嬉しいです。

改めてウチの近所は変わった人が多いんだなと思いました。

変な電波でも出てるのかなぁ。

さて、仕事も溜まってしまったので頑張ろう。

現実に戻ります。



OKUYAMA





ハンドマッサージ体験教室

2017/09/28

ハンドマッサージ体験教室 [スタッフブログ]

昨日9/27「ハンドマッサージ体験教室」のイベントを開催いたしました。
はじめてのイベントでどのようになるか不安でしたが、女性ばかり、講師の方も含め10名でワイワイと楽しく、体験教室を終了することができました。
いつも男性ばかりの職場ですが、昨日は女性ばかりでとても華やかでした。
いろんな職種の方がおり、興味深いお話も聞けて私もとても楽しませて頂きました。

講師の小出先生に教えて頂きながら、自分でできるマッサージと、お隣の方にやっていただくマッサージを覚えることができました。
中には弱っている部分があるのか「うっ」と痛そうに顔をゆがめている方もいらっしゃいました。
手のひらにも足の裏と同じように反射区があり、「ここは目」「ここは肩」というように
マッサージをしながら自分の弱っている部分を探すことができるようです。



マッサージの後はマナカード体験もして頂きました。
皆さんからは「リフレッシュできた」「とても気持ち良かった」と言っていただき、とても良いイベントとなりました。





わたしもマッサージ体験させて頂きましたが、胃が弱っているようです。
毎日の暴食がいけないのかもしれません。。(気をつけなければ)
教えて頂いたマッサージを仕事や家事の合間にやろうと思います。

今回ご参加いただきました皆さん、小出先生本当にありがとうございました。

高橋



現在イルボスコでは…

2017/09/25

現在イルボスコでは… [スタッフブログ]

暑さも和らぎ朝晩は半袖シャツでは寒く感じるようになったイルボスコでは、現在ぎざみ加工の真っただ中です。


一本一本番付をし、柱が刺さる箇所に穴を掘ったり仕口と呼ばれる接合部の加工をしていきます。

まだまだ折り返し地点といったところ、10月初旬の上棟に向け、綺麗に組みあがるよう集中して刻んでいきます。



また、墨付け小屋には11月下旬に上棟予定の新築の構造部材が新たに運び込まれました。
こちらは木材検査後に墨付けを開始します。

石牧

透湿シートと通気層

2017/09/24

透湿シートと通気層 [スタッフブログ]

浜松市北区の「ミンゲイの家」では、外壁下地が終わり、外壁の仕上げ工事に差し掛かっています。

外壁は構造用のパネルの上に、透湿シートが張られています。
この上にガルバリウム鋼板が張られます。



夏は四季折々の気候変化で、室内外の温度差や湿度差が生まれるのが、現代の日本の住まいです。
そうした気候変動に順応する家づくりに大切なことの一つとして、湿度のコントロールがあります。

近年のエコ化によって住宅は高断熱化が進んでいます。
高断熱にする為には同時に、高気密にしないと建物に、大きな被害をもたらすことになります。

しかし、夏は湿度の高い日本では、機密シートで機密を取るだけではなく、湿気を逃がすという事も考えなければなりません。
そこで、透湿シートと外壁通気層が必要となります。

よく見かける外壁に張られた白いシートは透湿シートといって、風雨の二次防水という役目と共に躯体の湿気を屋外に出す役目を果たしています。

そして、外壁の裏でその湿気がこもらないように通気層というものを設けて躯体を劣化から守っています。

長く住まう家を作るための大切な作業です。

石牧

田んぼ越しに

2017/09/23

田んぼ越しに [スタッフブログ]


建て替え工事のいそらの家に続き、二階建てのはなれを減築リノベーションしていた「いそらのはなれ」の工事も竣工を迎え、綺麗に整えられた田んぼ越しにようやく全貌が見えました。

水回りの総替えをはじめ、耐震工事や、温熱改修を考えるうえで、家の形を大きく変える減築リノベという形で新築部分との一体感を持たせた、はなれ型の三世帯住宅となります。

石牧

左官体験

2017/09/23

左官体験 [スタッフブログ]

東区有玉南町K様邸では、
完成に向け仕上の左官工事中。

本日は、お施主様の左官体験です。

本日は、お施主様の左官体験です。



ishimkiオリジナル珪藻土にて壁の塗りにチャレンジ。

まずは板の上にあらかじめ左官業者さんが準備してくれていた材料をコテに載せる練習から。 そう簡単には壁に向かわせてはくれません・・・。(なかなか厳しい左官職人さんです。笑) 材料を板の上に載せ、それをコテの上に載せる。 職人さんを見ていると簡単そうにしている動きも実際やっていただくと、うまくできない・・・。



職人さんのすごさを感じたところで、いざ、壁に向かい塗り壁にチャレンジ。



ご主人・奥様とも思い思いに塗っていきます。



最後は、記念にお子さんの手形をつけて終了!

白くなったら、乾いたという事で。
しばらく乾かします。

乾いたら、電気仕上げ工事・設備を設置していきます。
工事も大詰め。

お疲れ様でした。
K様、完成までもうしばらくお待ちください。


佐原

全部で674件中 311-320件を表示

 

新着情報

一覧へ

釿の話2

2021/09/09

釿の話2
夏

2021/08/21

漆

2021/08/07