Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

環境について考える

2019/10/15

環境について考える [スタッフブログ]

先週末、日本列島を襲った台風19号が激甚災害に指定されるようです。
広い範囲で河川の氾濫、洪水、浸水がおこり、
多くの方が亡くなり、今もなお行方の分からない方も大勢いらっしゃいます。

このような甚大な被害をもたらす大災害が毎年のように起こり、
穏やかで幸福な日常を一瞬にして破壊してゆく様を目にし、
温暖化対策に本気で取り組まなければならないんだ、と思い知らされます。

温暖化対策として、という理由ばかりではないのですが、
(他にもメリットがあるので)
石牧建築では全棟天然乾燥材を使用した家づくりをしています。
木材の乾燥方法には大きく分けて「人工乾燥」と「天然乾燥」の二通りの方法があります。

「天然乾燥」は文字どおり、そのまま天然の力で乾燥させる方法です。
およそ1年から1年半以上、風通しのいいところに置いて、
木が自ら水分を放つ力を利用して乾かします。
もちろん、出荷前に含水率のチェックをし、基準値までちゃんと乾いているのを確認してから出荷されるのでご安心ください。

一方の「人工乾燥」は、機械を用いて人工的に一気に乾燥させる方法です。
メリットとしては、短時間で乾燥させることができるので、現代のスピード社会に対応できる、ということでしょうか。
この人工的に乾燥させる際に使われるのが重油で、条件によって多少差異はありますが、木材1㎥を乾燥させるのに約100ℓの重油を使うと言われています。
重油1ℓを燃焼した際に排出される二酸化炭素量は、2.71kgCO2。
30坪くらいの住宅を建てるときに使われる構造材の材積量は15~20㎥なので、30坪くらいの家を建てる際、人工乾燥材を使用すると4,065㎏CO2~5,420㎏CO2の二酸化炭素を排出することになるのです。
これは平均的な一般家庭で排出される二酸化炭素の1年分かそれ以上の量になります。


(出展)温室効果ガスインベントリオフィス


省エネルギー性能住宅を建てるのに人工乾燥材を採用したら、構造材を乾かすだけで、こんなにも多くの二酸化炭素を排出するなんて、、、
そんな思いもあり、天然乾燥材を使用しています。

二酸化炭素排出量が世界で5番目に多い国として、大きな責任もあります。
私たちの子の世代、孫の世代、そのまたずーっと後の世代に美しい地球を引き継いでいくため、一過点である私たち世代は真剣に取り組まないと。



被害にあわれた方たちにお見舞い申し上げるとともに
少しでも早い復興を願うばかりです。


miyazu

Happy Halloween!?

2019/10/11

Happy Halloween!? [スタッフブログ]

今週末、アクト通りで開催される予定だった『Bon Marche 100人展』
石牧建築も出展を予定していましたが、
猛烈な台風19号の影響が懸念されるため12月8日に延期が決定しました。

今週末ならイベントのテーマはハロウィン!
ということで、イベントブースで使う予定だったカボチャのガーランドを飾ってみました。


見えにくいけど、お分かりいただけますでしょうか?
こうして季節ごとにオフィスを飾り付けてみるのもいいな♪と思いました。

明日、静岡県に最も接近する台風19号。
皆さんが安全に過ごせますように。
15号で被災した方々の被害が最小限で済みますように。
ただただ祈るばかりです。


miyazu

みどりを纏う

2019/10/07

みどりを纏う [スタッフブログ]

大阪の千里の家が竣工し、引き続き植栽工事が行われました。

ほぼ、完成の写真です。




造園は神戸の「花康さん」私が設計事務所で修業時代にお世話になった造園屋さんです。

抜群のセンスで期待以上のお庭を作っていただいてとても感激しました。

******

家にとっての植栽は、コーディネートの最後を締めるアクセサリーのように考えています。

ただ、この家にとってみどりは家全体を包むコートか大伴のストールのよう。

緑の小道を抜けて出かける、帰宅する、そんな贅沢な日常が始まっています。

*****

にしくぼ

地鎮祭 tayutau-hut

2019/10/06

地鎮祭 tayutau-hut [スタッフブログ]

先日、天竜区で新しい住宅の地鎮祭がありました。

新しく区画開発された160坪ほどの広い敷地に平屋の住まいが完成します。

地鎮祭はアヤシイ雨雲にドキドキしながらも晴れ間がさし、
清々しい式となりました。






今回の住まい手さんは奥様がガラス作家さん。

ガラスを通した多彩な光が空間をたゆたうイメージをこめ、

たゆたう小屋=tayutau-hut

と命名しました。

どんな住まいになるのか、とても楽しみです。

Kさんおめでとうございます!


にしくぼ

ビジネスマナー研修

2019/10/04

ビジネスマナー研修 [スタッフブログ]

昨日は午後から現場の仕事を離れ、
久しぶりに全社員が北寺島町のオフィスに集合!
講師にフリーアナウンサーの石津陽子さんにお越しいただき
はじめての本格的「ビジネスマナー研修」を受けました。

マナーの基本となる挨拶に始まり、言葉遣い、お辞儀、名刺交換などなど
内容は盛りだくさん。
日頃見よう見まねでしていたことの「これが正解」を知り、
興味をもって取り組む面々。







そして、この日一番質問が出たのが名刺交換でした。
正しい名刺交換について誰も教えてもらったことがなく、
みんな見よう見まねの自己流。
自信のなさからモジモジ、コソコソしながらの交換でした。



実演をし、様々なシチュエーションでの名刺交換の仕方を教えていただき、
これからは自信を持って名刺交換ができそうです。
それでも、スムーズにかっこよく名刺交換ができるようになるには
練習と余裕が必要そうですが、、、

最後にはイベント会場で、オフィスで、お客様をお迎えするときの振る舞いなども確認。
今回教えていただいたことで「こうすれば自然で好印象」というのは知ることができたけど、頭で考えずとも行動に起こせるようになるには、何度も練習して、きちんと身につけないといけません。
今回楽しく学ぶことができたので、日常に戻ってもみんなで声を掛け合いながら
前向きに継続していくことが出来そうな予感がします。

石津先生には貴重なお時間を割いて私たちのためにご指導いただきまして
ありがとうございました。


miyazu

上棟-袋井「緑風の家」

2019/10/03

上棟-袋井「緑風の家」 [スタッフブログ]

先週末は袋井で建前でした。

まわりを田んぼに囲まれた静かな環境。

南東に開けた土地で初夏には稲穂の緑がきっと清々しい景色を見せてくれるだろうと

「緑風の家」

と名付けました。


今回は人数が少ない中でみんな頑張ってくれました。

毎回思うのですが、厚み24㎜の合板を持って梁の上をひょいひょいと歩く大工たちはすごいなー。

でもきっと「慣れ」なんですよね。

私は足場は登りますが、梁の上は登り(れ)ません。

梯子で2階へ上がることなどは今は普通で、荷物を持っていても平気ですが、

初めのころはおっかなびっくりだったように思います。

いつのまにか「現場の人」になっているんですね。


2日間の建前が終わり、無事棟が上がりました。

みんなで記念撮影!


翌日2日間はいただいた紅白まんじゅうで朝ごはん。

コーヒーとあんこの組み合わせ、好きなんですよね。

Nさんおめでとうございます&ごちそうさまでした!!



にしくぼ

建築実例の撮影へ

2019/09/30

建築実例の撮影へ [スタッフブログ]

今日で9月も終わり。
明日からはもう10月。ってことは、2019年も残り3カ月!?
年々、時間の経過がものすご~く早く感じるようになってきました。
残りの3カ月も目をランランに輝かせ、
気持ちの良い汗をかきながら、
お客様ご家族の暮らしを支える“素敵なうつわ”づくりに邁進してまいります。

さて、先週、見学会を終えたばかりの「宮脇のいえ」を
プロのカメラマンの方に撮影していただきました。

カメラマンの大関さんです。

あらかじめ軽い打ち合わせはするのですが、
どこをどう撮っていただくかは、プロの感性にお任せ。
出来上がった写真は「施工事例」ページで掲載しますので、しばしお待ちを。


miyazu



こどもベンチ

2019/09/27

こどもベンチ [スタッフブログ]

9月の頭に担当していた2軒の住まいが竣工しました。

そのうちの1軒「桜軸のいえ」のおはなし。

桜軸のいえにはふたりの可愛い娘ちゃんが居て、

ダイニングテーブルの前に二人が座るベンチを依頼されました。

家具をデザインするのは実はちょっと苦手。

楽しいのだけれど設計とはまた少し違う頭を使います。

じゃん!



出来上がったのはこんなベンチ。

わざわ座のテーブルに合わせてデザインし、杉のパネルを使い、アクセントに少し漆を塗っています。



子ども用に座面は50cmと高めにしています。

ただ、いつまでも小さいわけでは無いので上下をくるっとひっくり返すと・・・



大人用に変わります。

単純ですがなかなか面白いのができたなーと思います。

モデルは石牧ですが、すごい疲労感がにじみ出ていますね(笑)

猛暑の中の建前が終わってから残りの体力を出し切って作ってくれたのでした。

2019年夏、想い出の1脚です。


西久保

「宮脇のいえ」見学会を終えて

2019/09/23

「宮脇のいえ」見学会を終えて [スタッフブログ]

今日も石牧建築のブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、先週末、掛川市で「宮脇のいえ」完成見学会を行いました。
たくさんの方に足を運んでいただいて、スタッフ一同大変うれしく思っております。
ありがとうございました。

この「宮脇のいえ」で、より注目いただいたところが


1.キッチン

こちらのキッチンの黒い壁は、セメントなどを再利用して作られた環境にやさしいスレートを使用しています。
そして、キッチンはシステムキッチンではなく、木製のオリジナルキッチンで、弊社スタッフの大工が作っています。
木材はオニグルミ、天板にはヘアライン仕上げのステンレスを使っています。


2.洗面化粧台

沐浴もできそうな大きな洗面器を2つ並べた洗面台です。
朝の身支度など、洗面台を使う時間帯はご家族みんなだいたい同じくらいになります。
そんなとき、蛇口も洗面器も2つあるって、とても便利ですね。


3.天井が低い

天井を低くすることで得られるメリットとして、
・プロポーションが整う
・エアコンなど空調効率がよくなる
・階段の段数が減るので上り下りが楽
・建築コストを抑えられる
があげられます。
「宮脇のいえ」も天井高は2,200と高くありませんが、
開放がとれているので、さほど低いと感じることはありません。
家の中では座っていることも多いので、かえって落ち着いた空間になるように感じます。

次回の見学会は来春以降になってしまうことが予想されるため、
今回たくさんの方に見ていただくことが出来て本当にありがとうございました。

最後になりましたが、この見学会を行うにあたり
快くご協力いただいたT様にも深く感謝申し上げます。


miyazu

建築をみる

2019/09/16

建築をみる [スタッフブログ]

週末、東京都庭園美術館へ行ってきました。


「建築をみる2019 “1933年の室内装飾”
~朝香宮邸をめぐる建築資材と人びと~」は
1933年に竣工した旧朝香宮邸の建築としての魅力を紹介する
年に一度の建物公開展と聞き、
是非見に行きたい!と楽しみにしていました。


旧朝香宮邸は、アール・デコ全盛期にフランスに長期滞在されていた朝香宮ご夫妻が、その様式美に魅せられ、帰国後、アール・デコ様式を積極的に取り入れた自邸として建設されました。
今回はその中でも壁紙、装飾金物、タイル、石材、ガラス、木材、家具など室内装飾について、カタログや図面、日仏デザイナー、職人などに焦点を当てて紹介されおり、寄木の床やスイスの輸入壁紙、モザイクタイル、真鍮やブロンズで作られた暖房機用カバーなど、多くの職人技術も見ることができました。




室内装飾デザインを手がけたアンリ・ラパンの壁画やルネ・ラリックのガラスのレリーフやシャンデリアなど、建物そのものがまさに芸術作品。
今なお色あせない美しさをたっぷり見ることができました。
また機会があったら何度でも訪れたい場所のひとつになりました。


miyazu

全部で701件中 171-180件を表示