Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

待ち合わせは…

2020/05/20

待ち合わせは… [スタッフブログ]

初々しい若葉の季節。
色とりどりの花も咲きはじめ、空気もさらりとして、シャツ1枚でも過ごせるこの時期が大好きです。
いつもならこんな気候のいい日には、ふらりと思い立ってどこか遠くへ行ってみたくなるところですが、コロナ禍が収まるまでは辛抱です。

さて、浜松市の玄関口、JR浜松駅コンコースに石牧建築の看板が設置されました。



桜軸のいえの写真にイラストの親子が描かれたものです。
外のデッキに腰掛ける男の子が、家の中にいるお母さんに
「ママ〜」と呼びかけ、お母さんが優しく応えるシーンをイメージしています。

JR浜松駅をご利用の際は、是非探してみてください。
私はいつか「待ち合わせは石牧建築の看板の前で」と言ってみたいです。


miyazu

静岡新聞より

2020/05/18

静岡新聞より [スタッフブログ]

施工事例にもある『tayutau-HUT』の住まい手さんが、
静岡新聞に掲載されました。

浜松の北部に位置する天竜区船明に、
新たなお出かけスポットとしてどうでしょうか。

吹きガラス作家、念願のギャラリー

予約すれば、吹きガラスの体験もできるようです。

 

コロナ状況が落ち着いたのちに、
弊社の建物としても含めご覧いただけたらと思います。

 

サハラ

暮らしの中の芸術

2020/05/08

暮らしの中の芸術 [スタッフブログ]


今年のゴールデンウィークはこれまでになく静かなお休みでしたね。
皆様どのようにおうち時間を過ごされていましたか?

さて、連休前にお引き渡しを終えた天竜区の「tayutau-HUT」ですが、
とてもすてきな家に仕上がりました。

竣工写真を施工事例に掲載しましたのでどうぞご覧ください。
tayutau-HUT

家具を据えて竣工写真を撮った翌日に再訪すると、
昨日とは違う光景が広がっていました・・・!



ダイニングの壁に住まい手さんのお父様の作品が鎮座されていたのです。


お父様は著名な日本画家さんでいらっしゃるのですが、
なんというか…家に入った瞬間からドキドキとワクワクが止まらなかったです。


春夏秋冬を描かれた作品(これは春から夏ですね)

こんな体験は初めて。
暮らしの中のアートはこれまでいくつも見てきました。

でも格が全然違う…

家の雰囲気を抑え込み独り勝ちするでもなく、

娘さんの作品(照明)とも呼応し、

春夏秋冬をあらわした植物と昆虫が、あたたかさとやさしさを空間に与え、

かつ家自体の空気をグン!と格上げしています。


秋から冬

絵から発光している感じは何なのでしょう。
近づいて見ると白、黄色、グレー、紫、青、様々な色が重なり油彩とは異なるテクスチュア。

本物ってすごい!と久々に身体中が喜び感動した一件でした。

おうち時間が増えた今、私も何か新しい作品を家に迎えたいな、と思う今日この頃。


nishikubo

テイクアウト

2020/04/23

テイクアウト [スタッフブログ]

浜松もコロナ感染防止対策として、
飲食店等に休業要請が出されましたね。

一日も早く、この状況が好転していく事を願うばかりです。

今日、
弊社でお世話になっている内装業者さんが事務所に届け物の際、
ハンバーガー屋さんを教えてくれました。
ちょうど市役所に用事がありましたので、会社と市役所の道中にあった事もあり
早速予約してテイクアウトで利用してみました。

常盤町にある『High Meal』さん

アボカドモッツァレラチーズバーガー


野菜もお肉もジューシーで食べ応えのある美味しいハンバーガーでした。

 

佐原

現場進捗 ~完了検査~

2020/04/10

現場進捗 ~完了検査~ [スタッフブログ]

本日は、
天竜区の現場 『 tayu tau HUT 』 の完了検査でした。


見渡すと地元天竜の山々に囲まれている地に
新たな平屋のお宅が間もなく完成を迎えようとしています。


完了検査も無事終わり、
造作家具工事、電気の仕上げ工事と終盤も終盤を迎えています。


立って写真を撮っていますが、
地面との距離が近い、面白い空間となっています。

住まい手さんのご厚意で、4/25.26の二日間
完全予約制とさせていただきますが、完成見学会をさせて頂きます。

多くの方に見て頂きたいのですが、新型コロナウィルス感染拡大予防対策のため
ご理解のほどよろしくお願いいたします。


サハラ

現場進捗

2020/04/08

現場進捗 [スタッフブログ]


今日は、
北区の現場で太陽発電の設置が行われました。

弊社で設置する太陽光は
タニタハウジングウエア社の『はたらく屋根 エコテクノルーフ』です。
屋根が太陽光パネルとなるイメージで仕上がりがすっきりとします。

太陽光パネルの下に通気層もあり、
建物自体にも発電で熱を持つパネルにも優しい構造になっています。
もともと、樋の会社でもある事から防水もしっかり考えられていて屋根を守っています

建物にも、太陽光パネルにも、メンテナンスの面でもメリットあります。
太陽光パネルの通気層の熱を活かし、室内環境にもメリットがでます。





そのような太陽光が設置されている建築中の現場を4/19に見学できます。
新型コロナウィルス感染予防対策もあり、
1日限定で時間を区切り完全予約制(5組限定)で開催します。

後、
14:30~
16:00~

に空きがあります。





サハラ

完成見学会開催|浜松市天竜区

2020/04/03

完成見学会開催|浜松市天竜区 [イベント]

2020年4月25日(土)・26日(日) ※各日5組様限定

この度、お施主様のご厚意で完成見学会を開催いたします。


tayutau-HUT

ガラスを通して光がゆらゆら揺れる様をイメージしました。
きれいな澄んだ水面に木の葉の舟がゆらゆらと漂うような
清々しくキラキラと輝く情景です。

効率化が求められるせわしない日常から少し離れて、
ゆらゆらと揺れるような、ふんわりとした時間を楽しむ場所がありますよう
tayutau-HUT(たゆたうはっと)と名づけました。

* * * * * * * * *  * * * * *

当日は設計士が直接ご案内させていただきますので、住まいのお悩みがあればお気軽にご相談ください。





〇コロナウイルス感染予防対策として、安心してご来場いただけますよう、完全予約制とさせていただきます。
※ご予約受付は終了いたしました

【開催日時】2020年4月25日(土)・26日(日) ※各日5組様限定

【会場】浜松市天竜区船明

※詳細についてはご予約が完了したのち、こちらからお送り致します。ご了承くださいませ。

皆さまにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにお待ちしております。

工事中を見学しよう!現場見学会開催|浜松市北区三方原町

2020/04/02

工事中を見学しよう!現場見学会開催|浜松市北区三方原町 [イベント]

2020/4/19(日)※5組様限定

建築中のお宅の見学会をお施主様のご厚意で開催いたします。


こちらの見学会では完成してからでは見ることができない内部構造が見学できます。

家の骨格となる構造や断熱材など、「家の内部ってどうなってるの?」など気になるポイントをご覧いただけます。

当日は設計士が施工方法や素材、デザインなどについても説明させていただきますので、住まいのお悩みがあればお気軽にご相談ください。





*コロナウイルス感染予防対策として、安心してご来場いただけますよう、完全予約制とさせていただきます。
〇ご予約受付は締め切りました

「イベント参加申込み」フォームまたはお電話からお気軽にお申込みください。

 

【開催日時】2020年4月19日(日)5組様限定

【会場】浜松市北区三方原町

※詳細についてはご予約が完了したのち、こちらからお送り致します。ご了承くださいませ。

 

皆さまにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにお待ちしております。

お客様より

2020/04/01

お客様より [スタッフブログ]


少し前に、
打合せさせていただいている方から帰りがけにアーモンドバターをいただきました。
パンに塗り、オリーブオイルを少し垂らすのがオススメと。

早速やってみました。
ツブツブとしたアーモンドが沢山入っていてとてもおいしい。

姫路の六代目角谷藤兵衛商店
家族で凄いスピードで減っていきます。

アーモンドバター
ヘルシーフードのようですが、
美味しすぎて食べ過ぎます。

これでは、おいしすぎてヘルシーフードにならん・・・

 

サハラ

新たな視点

2020/03/29

新たな視点 [スタッフブログ]

先日名古屋大学からお客様をお迎えしました。
木という材料を主に強度の面から研究されている山崎真理子先生とその研究室の学生さん。名古屋大学の名誉教授の佐々木先生。というご一行でした。

11月にプレゼンテーションをした木の建築賞の審査で山崎先生が天竜にいらしたのがきっかけで再訪いただきました。



まずはお引き渡し間近のK邸を見学。
割角の梁材、背割れの無い桧の柱材など、私たちが取り組んでいる木の使い方を見て頂きました。


その後いつもお世話になっている製材所のフジイチさんへ。お弁当を頂きながらフジイチ内山忠彦さんのレクチャーを拝聴します。忠彦さんのお話はいつ聞いても分かりやすいです。

木の建築賞の審査の際、審査員の先生皆さんが指摘されたのは、石牧建築の家づくりは全国でも(もっと言うと世界的に見て)Co2排出量の極端に少ない事例だという事でした。その理由は以下。

*天竜の山は川下(街)との距離が近く、山→製材所→加工場→現場が概ね4、50km圏内に納まり材料輸送のエネルギーを抑えることができる

*天然乾燥材の使用と手刻みでの加工は自然の力とマンパワーによるもので重油などのエネルギーを使わない

普段当たり前に思っていた私たちの家づくりが知らず環境に負荷を与えない家づくりとなっていたことに驚きと誇らしさを感じました。

今回山崎先生が天竜にいらしたのはそんな事例を研究室の方にも見てもらいたいというお気持ちからでした。

特に建物建設時のCO2排出量の分析を研究テーマとしている名古屋大学のNさんは熱心にメモを取っていらっしゃいました。

そして彼女に石牧建築の家づくりにおけるCo2排出量の分析をお願いすることとなりました。

感覚的な言葉でなく、具体的な数字で私たちの家づくりの評価ができるという事はとても興味深いです。

また、分析の結果をこの場でもお伝えできたらと考えています。


見学した日は抜けるような青空。

初夏を迎える前に山から降ろされた丸太でいつも以上にフジイチさんの工場は活気がありました。


nishikubo

全部で701件中 131-140件を表示