Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

S様邸建て前

2018/06/18

S様邸建て前 [スタッフブログ]

梅雨が始まり今日も一日雨。

そんな最中、奇跡的に晴れた週末、S様邸の建前が行われました。



2階建て50坪弱の2世帯住宅です。

斜めに切れ上がる屋根など今回は少々難易度高めな架構となっています。



2階室内から。

完成は11月末~12月の予定。今から楽しみです。

にしくぼ

SPACE SEVEN

2018/06/02

SPACE SEVEN [スタッフブログ]

本日、
弊社事務所(Space SEVEN)の最後のスペースが完成しました。


南側の余白となっていたスペース
今まで打合せで開けられることのなかった障子戸を開け、皆様に見ていただけるスペースとなりました。
小さなスペースですが、室内に与える影響は大きく、
2階からもしっかりと緑を感じられるお庭としていただきました。
Sotoeの鈴木さんありがとうございます。

苔のお庭を自分たちも楽しみたいと思います。
季節のレポートはまたその時に…




佐原

大工さんご一行 from 大阪

2018/05/29

大工さんご一行 from 大阪 [スタッフブログ]


週末に、
以前よりお付き合いのある大阪の中瀬古工務店さんから視察をしたいと、
仲間の大工さん(7社:8名)がいらっしゃいました。
皆さん、
20代後半~40代前半の独立している若い方達ばかり。


石牧建築の大工としての取り組みや、材料の調達・確保など、
熱心に視察されていきました。

現状は全国的に大工さん不足(大工さんのみならず各種職人さん不足)が言われています。
しかし、現状は引く手あまたの職人さんたちも、
少子高齢化が進む日本では今後の建築業界的には決して楽観視できる状況ではありません。
大工として、自分たちの将来を模索している姿。

大工さんのみならず自分も含め、
・継続できる事業環境を常に整える事
・事業を継続するための若手の育成をし続ける事

大工さんのみならず携わるすべてのポジションで同じことが言えるかと思います。
改めて感じる日となりました。
遠方よりありがとうございました。

6月初旬にも、遠方より多くの方が視察にいらっしゃいます。
お気をつけてお越しください。

佐原

基礎着工

2018/05/20

基礎着工 [スタッフブログ]


GW明けから地盤改良工事が行われていた掛川市のS様邸

本日より、
基礎工事が始まりました。

作業場では、2件の墨付け・刻みの作業をしています。
6月末の建て方に向けて現場と作業場は忙しく動いていきます。

週末からは磐田市で解体工事が始まっていきます。

佐原

茶道にふれる。

2018/05/17

茶道にふれる。 [スタッフブログ]


住宅の建築をしていると、
お茶室を住宅の中に欲しいとの依頼を受ける事もあります。
そのような依頼のある現在計画中のお施主様のご自宅を拝見させていただく機会がありました。

いくつかお茶をするところがあり、
私にとって非日常的で色々な空間を感じる良い機会でありました。

明り取りから見える、
新緑の『紅葉の生垣』が珍しくもありまたきれいで。
紅くなった頃にまた一度見せていただきたく思います。



お茶もお菓子も出していただき、
有意義な時間とさせていただきました。

佐原

 

地鎮祭

2018/05/15

地鎮祭 [スタッフブログ]

連休の終わりに中区S様邸の地鎮祭が執り行われました。

いよいよ、と気が引き締まる思いです。



ひと月後には棟が上がり、今年の終わりには竣工する予定です。




にしくぼ

丸太買い

2018/05/10

丸太買い [スタッフブログ]

先日、天竜区の製材所フジイチさんからお願いしていた丸太が入荷されたと連絡があり、見に行ってきました。


普段は、製材され、角材になったものを購入するのですが、今回は丸太の状態で購入し製材方法を指定して普段と違った材木を作ろうと考えています。

節の少ない選木の約1㎥の丸太を数本、窓枠や建具枠などになるよう割っていきます。

置き場には、間もなく入荷予定のS様邸の構造部材も積まれていました。
とてもきれいな材料で、仕事するのが楽しみです。





こちらも天然乾燥でありながら十分に乾燥し、なおかつ割れも少ない製材方法で作られています。
木材を知り尽くしたプロ達のリレーで作る家づくり

この丸太がどのような材木に変化するのか、お楽しみに!

石牧

 

研修

2018/05/09

研修 [スタッフブログ]

今日はフォローアップ研修に行ってきました。

渡邊、伊藤、そしてアタス。

3人で行ってきました。

内容は、ざっくりいうと新人研修です。

上司への報告の仕方、相手を不快にさせない謝罪の仕方など。

社会で最低限必要なことを教わりました。

再度認識させてくれるタメになる講義だと思いました。

自分にとって役に立つことが会社の役に立つように繋がるといいなぁと3人で再確認できた貴重な時間だったと思います。

話は変わり、S様邸の墨付けがだいぶ進みました。

化粧材で使う柱やら梁やら垂木やら.…とてもきれいな材料です。



奮闘してますが上棟する日が楽しみです。



GWは箱根に行ってきました。

行ってみたかった彫刻の森美術館と岡田美術館に行ってきました。

意外と好きなのです。



写真は妻から拝借。

太ったかな…。

いろいろと教わり考えることができた5月初旬デスた。

お風呂入って寝ます。

Let’s バスロマン  細川ふみえver



5月も笑顔で過ごしたいですね。haha.

OKUYAMA:)



il Boscoにて

2018/05/01

il Boscoにて [スタッフブログ]

気持ちのよいお天気が続きますね。

先日、春野の加工場(il Bosco)へ行ってきました。
S様邸の構造材の木配りをしに。

木配りとは、どこにどの材料を使うか、文字通り「木を配る」作業です。
基本的に墨をつける大工が行いますが、設計者の意図も共有しながら行うのがいいと思い、
行ってまいりました。



石牧社長と奥山大工が打ち合わせ中。



きれいな材です。
いつもお願いしているフジイチさんから運ばれた芯去り材(割角材)。

芯去り材って?と思いますよね。

丸太から材を挽くときには、

丸太の芯を中央に挽く場合(芯持ち材)と

芯を外して挽く場合(芯去り材、もしくは割角材)があります。

今、天竜の山では大きくなった丸太がたくさんあるため、

芯を外して大断面の構造材を2本取ることができます。

芯持ち材と芯去り材、違いはいろいろあるのですが、

ひとつに片側を節の少ない化粧面として見せることができる

という特徴があります。

その為、石牧建築では2年ほど前から化粧として見せる構造材にはこの芯去材(割角材)を使っています。



丸太からどのように材を挽くか、というのは
山の状況と現在の家づくりに求められているもの、両方を考慮し、
製材所の目利きで決めていきます。
構造材も時代や環境(地域性)で変化するのですね。

そうそう。木配りの最中にこんなかわいいお客さんも遊びに来ましたよ。
il Boscoは今が一番気持ちのいい時期です。
ご興味のある方はどうぞ遊びにいらしてください。
(常に人がいるわけではないので、事前のご連絡はくださいね)




にしくぼ

星乃家

2018/04/30

星乃家 [スタッフブログ]


昭和の日の昨日、浜松市北区で開催された「星乃家」の完成見学会には
たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

上品で洗練されたかっこいい家になった、と自負しております。
こちらの「星乃家」、設計は佐原が担当しました。



(上写真)玄関から和室を見る。


(上写真)玄関から和室を見る。


(上写真)和室には鎧飾りを飾っていただきました。


お施主様にはこの見学会にあたり飾り付けなどご協力いただき
心より感謝申し上げます。
おかげ様で暮らしがイメージできる素敵な見学会を行うことができました。

こちらの「星乃家」。
先日完成写真の撮影を終えましたので、
写真をまとめ次第、『建築実例』にアップ致します。
お楽しみに。

Miyazu

全部で707件中 301-310件を表示