Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

新建ハウジング ワンテーママガジン掲載

2020/10/02

新建ハウジング ワンテーママガジン掲載 [メディア掲載]


住宅業界の全国誌「新建ハウジング ワンテーママガジン」2020.10月号(P.32-35)に(株)フジイチと石牧建築が取り組む『天竜材大径木活用プロジェクト』が掲載されました。

10/17『家づくりサロン』Salon de ISHIMAKIをWEB開催します♪

2020/09/29

10/17『家づくりサロン』Salon de ISHIMAKIをWEB開催します♪ [イベント]



勉強会やセミナーのような堅苦しさはありません。
浜松ウッドコレクション、ふじのくに木使い建築施設、木の建築賞などを受賞した石牧建築の設計士たちと気軽に家づくりの疑問についておはなしする座談会『家づくりサロン ~Salon de ISHIMAKI~』をオンラインで開催します♪

・・オンライン相談のメリット・・
□ ご自宅にいながら気軽にリラックスして参加できる
□ 小さなお子さんがいても安心
□ スマホ、タブレット、PCで簡単に参加できる

家づくりを始めたばかり、またはそろそろ計画をとお考えのご家族、いろいろと検討を始めてみたらよく分からなくなってしまったという方などにぴったりな内容です。
参加ご希望の方はお問い合わせフォームに聞いてみたいご質問をご入力のうえ、お申し込みください。

施工設計のプロに家づくりに関して気になっていることをなんでも聞いてみよう!


 ご質問例) マイホーム計画って、なにから始めたらいいの?

         工務店選びのポイントは?


       家を建てるのにかかる費用って何があるの?

       高性能な家って、どんな家?



 



開催日時 2020年10月17日(土)10:00~12:00(120分)
参加費 無料
お申込み方法 下のフォームから聞いてみたいご質問をご入力のうえ、お申し込みください。

※お申し込み後数日たっても弊社からの返信がない場合は、正しく送信されていない可能性があります。お手数をおかけしますが、お電話いただくか、下欄のメールアドレス宛てにご連絡ください。
お申込み締切 2020年10月12日(月)
参加方法

「Zoom」というアプリを使用します。
ご参加の際は、カメラ・マイク・スピーカー内臓のパソコンやスマートフォン、タブレットをご用意ください。事前に「Zoom」のインストールをお願いします。IDの登録等は不要です。
お申し込みフォームにご入力いただいたメールアドレス宛てに招待URLをお送り致します。お時間になりましたら、URLを開いてご参加ください。
Zoomインストールはこちら

皆様のご参加をお待ちしております♪

静岡新聞(2020年9月28日号)掲載

2020/09/28

静岡新聞(2020年9月28日号)掲載 [メディア掲載]



静岡新聞(2020年9月28日号)に石牧建築が掲載されました。



あゝ、秋

2020/09/20

あゝ、秋 [スタッフブログ]

近頃は過ごしやすい気候になり怠け者になりかけております。

時すでに遅し…。

やる気はあるのですが気力が出ないといいますか。

明日やろうは馬鹿野郎って誰かが言ってたような…。

この間休みが合ったので妻と七輪会をやりました。



残暑厳しすぎてギブアップしましたが良い予行練習にはなりました。

早く涼しくならないかしら。

暑さを理由にやっていなかった課題をそろそろやらないとなぁと思っております。

地区の人に頼まれているものから家のものまで…。

やる気はあるんですけどね…。haha

涼しくなってきましたしね。

陽気の良い日は横になる。

私のセブンルール。

愚か者はそろそろ動くようにします。

明日から…。ん?

皆さんもメリハリのある過ごし方を。

オクヤマ:)

M-table

2020/09/14

M-table [スタッフブログ]

高校時代の友人から電話があり、

ローテーブルが壊れたから作って欲しいとの事。

最近、姉家族のダイニングテーブルも作ることになったり、わざわ座のテーブルを作ったり、

家具屋並みにテーブルを作っている気がしてます。

という訳で友人に頼まれたテーブル

タイトルの『M-table』



ご覧の通り脚がM字に見えるのでそう名付けました。

頼まれてから納品まであまり時間がなく

図面なしで材料の寸法から全体のバランスをイメージからその場で決めて作りました。

M字の脚はバランスを見ながら一本一本削って組んでいきました。



お気に入りの鉋の悦英♪





無事に完成しました。

個人的にオイル仕上げが好きなので今回はワトコのオイル仕上げです。

オイル仕上げは塗膜なしで木の性質を損なず仕上げる塗装です。ワトコは植物性のオイルなので体に無害です。

脚の厚み、もう少し薄くても良かったのかなぁと思いました。

このローテーブルは明日納品です。姉のテーブルもまたブログに載せたいと思います。

喜んでくれるといいな、、




GODA

気品の一枚

2020/09/14

気品の一枚 [スタッフブログ]

かねてより気になる存在だった一枚を、
ついに我が家に迎えてしまいました。


約30~40年前のカシュガイオールド絨毯です。
始めて見たのは昨年末、半田山のギャラリーラウンドテーブルさんで開催された企画展を訪れたとき。
まさに一目惚れでした。
鮮やかで、細やかで、光沢が美しくて、、、



エルムコート店主の鈴木さんいわく、これは縦糸にもウールを使っているもので、織り子さんの気概を感じる一枚、とのこと。
縦糸にコットンを使ったものよりも、ウールの方が糸が太い分、これほどまでに細かく綺麗に織るということは大変な労力だったはず。気持ちのこもった素晴らしい絨毯です



これには新しいもの好きの我が家の猫もうっとり。
肌触りも抜群なんです。
きっちりと織り込んであるため、ぎゅっと詰まっていて、カチカチ。
この表現が正しいかどうか分かりませんが、ざっくりしていない、いいものを作ろうという真っ直ぐな気持ち、技術と力を込め、すべてを注いで織ってくれたに違いないと感じるのです。

玄関を開けたとき、一番に目に飛び込んでくるものが、この素敵な絨毯♪
毎日家に帰るのが楽しみになります。



さあ、今日からまた頑張って働こう!


みやづ

梅雨から残暑

2020/09/06

梅雨から残暑 [スタッフブログ]

長い梅雨時期の毎日降る雨、梅雨明けの酷暑、お盆からお盆明けにかけての猛暑、今もこれからも続いていく残暑と今年の空は例年以上に忙しい毎日になっています。浜松市天竜区が全国一位の気温になり改めて暑いんだなと感じました。アパートの温度計も35°になり今エアコン無しではいられない毎日が続いています。


先日新築現場の見学に行きエアコン一台でとても涼しく快適に見学が出来、断熱材の大事さと施工の重要性を感じました。これからは台風シーズンに入ります。温暖化の影響で毎年台風の勢力が増しています。自然の力には逆らえませんが被害が出ないことを祈りたいです。


渡邊

自分自身の安全のために

2020/08/25

自分自身の安全のために [スタッフブログ]

おはようございます☀

少し前に法令が改正され、フルハーネス型安全帯の使用が義務化されることになり、大工組でフルハーネス型墜落制止用器具の特別教育を受けに行きました!


労災死亡事故のうち墜落、転落によるものが4分の1を占めていることを知り、何もつけずにやっていれば当然だと思いました。

墜落制止用器具にも種類があり胴ベルト型とフルハーネス型があることを学びました!画像を撮り忘れてしまったので教科書を撮らせてもらいました。




ですが2022年には同ベルト型は使用不可なるとのことです。なぜかと言う胴ベルト型を付け落下したときに胴一点で落ちた衝撃を受けると脊髄損傷、内臓破裂などのリスクがあるからだと知りました。

ですがフルハーネス型なら落下したときの衝撃を分散させることが出来るので胴ベルト型のようなダメージはありません!なのでフルハーネス型の装着が義務化されるんだなって分かりました。

付け方なども実技試験で教えてもらったので今度からはしっかりと身につけてやることができます。



TAKUMI

北区三方原町での見学会

2020/08/24

北区三方原町での見学会 [スタッフブログ]

19日より完全予約制にて実施していました北区三方原での完成見学会
ご来場の皆様ありがとうございました。
予約制なのにも関わらず多くの方の来場でありがとうございました。


このような世間の状況ですので、
時間を区切らせていただき各時間一組限定での見学会となりご都合で見学できなかった方などはまた事務所にお越し頂ければ幸いです。
<imgclass="responsive" style="display: block; margin-left: auto; margin-right: auto; max-width: 504px;" src="/hs_data/Image/top_image/20-08-24-2.jpg" alt="キッチンからのリビングや庭の眺望" width="70%" />

壁一面ガラスとなっていますが、
近隣からの目線を遮るように塀や植栽で住み手が楽しめる庭が出来ました。
※耐震性に関しては、許容応力計算による耐震等級3は取れています。


夏の日差しは軒が深い為、入ってくることがほとんどありませんし、
見学会中はリビングの吹抜けに設置したエアコン1台で各部屋ほぼほぼ同じような室温でとても快適。
来場された方も、体感していただく事ができ、石牧建築の考える温熱性能は間違っていない事も感じて頂けたのではないでしょうか。

上の写真は、
植栽を入れたら光の反射でリビングに影が映り予期せぬ癒しを生んでくれていました。


今後も、
皆様に住宅建築を通じて木の家で暮らすお手伝いできればと思います。
来場いただきありがとうございました。

SAHARA

道具道楽

2020/08/16

道具道楽 [スタッフブログ]

約70年前ですが、一人前の大工が何種類の道具を持っているか調べたところ、約179種類も揃えていたそうです。

そんな多種多様の大工道具。

その中でもお気に入りは鉋です。

学生時代、刃物に関心を持つ様になった頃

「ヤマ八勘兵衛研がずに切れる」

という呼称を知り、常識を覆す程の刃物がどんなものなのか。血眼になって探して手に入れた鉋…達(笑)


【写真】銘 勘兵衛(おそらく明治以降、後代勘兵衛)

この勘兵衛は関西方面で有名な梅一や善作より以前のもので源兵衛と並び人気で、

「研がずの勘兵衛」「四つ目の源兵衛」

の二つ名で呼ばれていたそうです。

そんな勘兵衛の鉋を収集している最中、必然的なのか源兵衛も手に入ったのですが長くなりそうなので今回はやめておきます(笑)

さて、当時いざ手に入れて研ぎ始めると、その研ぎ味は今まで感じたことのない程に、砥石に吸い付く。

造りが薄いからか、和鉄で介在物が多いからか、とても研ぎやすい。(世の中には硬いツラが入っている物もあるみたいですが…。)

薄削の練習で僕の実力で3μの強者


【写真】計測カッチン

鋼がとても甘い分削る材に馴染む様に思います。

研ぎ味、切れ味、ツヤ、全て最高です。


【写真】明治以降、後代勘兵衛作


僕が所持している勘兵衛は後代のものですが、まだ輸入鋼が出回る前の時代に玉鋼を駆使し

後代になってもその実力を維持し後世に語り継がれる…そんな作品に触れる事が出来て僕は嬉しく思います。

こんな話をすれば

今の時代ノミやカンナは滅多に使わないし、そんな事まで知らなくてもいいでしょ。

なんてよく言われます。

昔から共通している一つの観点として道具が仕事をしてること。

最初は同じ形でも使い手やその用途に因って其々変化していく

僕はただ色んなアプローチを道具にしていき、それが仕事に繋がることを願っています。

だからこそ道の具。道具道楽。


【写真】江戸後期〜明治初期


goda



全部で701件中 101-110件を表示