Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

リビングとお庭を美しくつなぐ!高さのあるウッドデッキの魅力

TOPICS & EVENT

コラム

リビングとお庭を美しくつなぐ!高さのあるウッドデッキの魅力
リビングとお庭を美しくつなぐ!高さのあるウッドデッキの魅力
ウッドデッキは、屋外と屋内をつなぐ重要な役割を果たし、特にリビングからお庭への移動をスムーズにし、住まいの快適性と美観を向上させてくれます。
今回は、ウッドデッキの高さがどのように居住空間に影響を与えるのかを具体的にご紹介します。
高さのあるウッドデッキの魅力もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

□高さのあるものが良い?ウッドデッキの高さについて!

*そもそもウッドデッキはなぜ魅力的?



ウッドデッキをリビングの延長として位置づけることで、屋内外の活動がシームレスに行えるようになります。
また、周囲の植栽やデザインによっては、プライベートなリラクゼーション空間としても機能するため、ウッドデッキは魅力的なものだといえます。


実は、ウッドデッキの魅力を最大限生かすには、高さを適切に設定することが重要です。
ウッドデッキの高さは、リビングとの繋がりと視覚的な一体感をどのように表現するかに大きく関わっています。

*土足の有無を考慮した高さ調整



土足で使用する予定のウッドデッキは、家の中に土や砂を持ち込まないよう、リビングフロアから若干低めに設定することが望ましいです。
例えば、リビングフロアから5cm程度低い位置に設置することで、外からの汚れの侵入を抑えつつ、出入りの利便性を保てます。

*フラットデザインの採用

リビングと完全にフラットに接続するデザインは、空間をより広く、開放的に感じさせることが可能です。
内外の境界が曖昧になることで、視覚的にも美しい一体感を演出できます。
特に、同じ材質や色のフローリングを使用することで、さらに統一感を高められますよ。



□ウッドデッキの魅力を高める「段床」の活用法



段床は、ウッドデッキの利用価値をさらに高める要素です。
段床を設置することで、機能性だけでなく、空間の美観も向上させられます。
では、実際に段床について3つのポイントを確認しましょう。

1:階段状のオプションとしての段床



段床を設けることで、ウッドデッキからお庭への移動をよりスムーズにできます。
特に小さなお子様やペットがいる家庭では、段床がある方が、安全に庭へのアクセスが可能です。
また、段床は広い階段のような形状をしており、庭の見た目にボリューム感を加え、豪華さを演出する効果もあります。

2:ステップと段床の比較



通常のステップと異なり、段床はウッドデッキ全体の見た目に影響を与え、幅広いステップが特徴です。
これにより、ウッドデッキがより洗練された印象を与えると同時に、使用する人々にとって快適なスペースを提供できます。


また、後から追加するのが難しいため、ウッドデッキを計画する際には初めから段床の設置を考慮に入れることがおすすめです。

3:ステップダウンの安全性の向上



高さがあるウッドデッキに段床を設置すると、安全に庭へと降りられるようになります。
さらに、手すりやライトなどの安全機能を追加することで、夜間でも安全に利用できます。

□まとめ


ウッドデッキの高さ選びは、リビングとお庭を快適かつスムーズにつなぐために、重要な要素です。
適切な高さ設定は、外部への移動の利便性だけでなく、空間の美観と機能性を大きく左右します。
また、「段床」の活用は、ウッドデッキの機能性を向上させると同時に、デザインの豪華さも高めます。
これらのポイントを考慮して、自宅のウッドデッキ計画を進めてみてはいかがでしょうか。


どんなに美しい家でも、傾いた家には住むことができません。
地震におびえながらの生活も、望んではいません。
当社が力を入れているのは、丈夫で永持ちする家づくり、そして、夏は涼しく、冬は暖かく、外の環境に左右されない暮らしです。
そんな理想の住まいをお届けしますので、ぜひお気軽にご相談ください。