Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

岐阜へ②

TOPICS & EVENT

スタッフブログ

岐阜へ②

イベント続きで少し日が空きましたが、岐阜の続きです。

材木屋さんを訪れた後、次の予定まで時間があったので、前から行きたいと思っていたモザイクタイルミュージアムへ足を延ばしてみました。

天竜区にある秋野不矩美術館を設計した藤森照信さんの設計の建物で、独特な外観や、素材の使い方など驚かされることばかりです。

そんな藤森さんの設計の建物を見に行くことが目的で、勿論建物のインパクトは凄かったのですが、各所に使用されているモザイクタイルに惹かれました。

元々、素材的には栗をよく使う藤森さんの栗の使い方を見てみたかったのですが、今回も色々なアイデアやヒントをもらえるいい見学ができたと思います。



職人が一枚一枚焼き上げた5㎠以下のタイルを組み合わせて様々な模様をつくり出すモザイクタイルは、昔の家づくりには欠かせないものでした。

木材ばかりでなく、魅力的な素材には目を向け、実際に製造している工場見学などが出来たら、また違う可能性が見えてくるようにも思い、次回はそんな素材巡りの旅をしてみたいと思いました。

石牧