Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

透湿シートと通気層

TOPICS & EVENT

スタッフブログ

透湿シートと通気層

浜松市北区の「ミンゲイの家」では、外壁下地が終わり、外壁の仕上げ工事に差し掛かっています。

外壁は構造用のパネルの上に、透湿シートが張られています。
この上にガルバリウム鋼板が張られます。



夏は四季折々の気候変化で、室内外の温度差や湿度差が生まれるのが、現代の日本の住まいです。
そうした気候変動に順応する家づくりに大切なことの一つとして、湿度のコントロールがあります。

近年のエコ化によって住宅は高断熱化が進んでいます。
高断熱にする為には同時に、高気密にしないと建物に、大きな被害をもたらすことになります。

しかし、夏は湿度の高い日本では、機密シートで機密を取るだけではなく、湿気を逃がすという事も考えなければなりません。
そこで、透湿シートと外壁通気層が必要となります。

よく見かける外壁に張られた白いシートは透湿シートといって、風雨の二次防水という役目と共に躯体の湿気を屋外に出す役目を果たしています。

そして、外壁の裏でその湿気がこもらないように通気層というものを設けて躯体を劣化から守っています。

長く住まう家を作るための大切な作業です。

石牧