Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

作業場のある強み

TOPICS & EVENT

スタッフブログ

作業場のある強み

台風が過ぎ、週末にはまた台風・・・。
その合間をぬって、建て方を控えるお施主様が
先週、森の工房・イルボスコに来てくれました。

広葉樹(堅木)を使う予定しているので、どのような材を使っていくか見たいとの事で。
ブラックチェリー、カリン、ブビンガ、ナラ、カエデなどなど。
色味の濃い材から、割と白っぽい材を見ながら、
今回は色の濃い材料が目的でしたので、
最終的にはブラックウォールナットを使っていく事で決まりました。
お施主様にとっても、とても有意義ないい時間となりました。

天竜材を中心とした家造りではありますが、
仕上げ材に使うような材料(堅木)に関しては、
地域的な事もありなかなか広葉樹を地元材で賄う事は難しいのが現状。
着色して色を付ける事も出来ますが、活かせる素材は活かしたい。
広葉樹は広葉樹の良さがあり、また難しさもあります。

必要な材を必要な時に必要な分だけ購入する。
在庫を持たないでやれる、加工する手間と時間の短縮ができるメリット。
それはそれで時代と流れだと思いますし、対応できる流通業者さんもそばにいてくれます。
しかし、
コスト面や木材への向き合い方など、やはりデメリットもないわけではありません。

調達の仕方を工夫する事、材料をストックする事に加え
なにより、加工する場所と加工する大工さんが自社にいる事で
使い方の幅が広がります。

多くの方達に、イルボスコまで足を運んでいただき
イルボスコの良さ、天竜材の良さ
に触れて頂きたく思います。

佐原

天竜の山の魅力が感じられる物件の完成見学会が、11/4(土)にあります。
多くの方のご来場お待ちしております。
詳しくは、イベント情報をご覧ください。