Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

il Boscoにて

TOPICS & EVENT

スタッフブログ

il Boscoにて

気持ちのよいお天気が続きますね。

先日、春野の加工場(il Bosco)へ行ってきました。
S様邸の構造材の木配りをしに。

木配りとは、どこにどの材料を使うか、文字通り「木を配る」作業です。
基本的に墨をつける大工が行いますが、設計者の意図も共有しながら行うのがいいと思い、
行ってまいりました。



石牧社長と奥山大工が打ち合わせ中。



きれいな材です。
いつもお願いしているフジイチさんから運ばれた芯去り材(割角材)。

芯去り材って?と思いますよね。

丸太から材を挽くときには、

丸太の芯を中央に挽く場合(芯持ち材)と

芯を外して挽く場合(芯去り材、もしくは割角材)があります。

今、天竜の山では大きくなった丸太がたくさんあるため、

芯を外して大断面の構造材を2本取ることができます。

芯持ち材と芯去り材、違いはいろいろあるのですが、

ひとつに片側を節の少ない化粧面として見せることができる

という特徴があります。

その為、石牧建築では2年ほど前から化粧として見せる構造材にはこの芯去材(割角材)を使っています。



丸太からどのように材を挽くか、というのは
山の状況と現在の家づくりに求められているもの、両方を考慮し、
製材所の目利きで決めていきます。
構造材も時代や環境(地域性)で変化するのですね。

そうそう。木配りの最中にこんなかわいいお客さんも遊びに来ましたよ。
il Boscoは今が一番気持ちのいい時期です。
ご興味のある方はどうぞ遊びにいらしてください。
(常に人がいるわけではないので、事前のご連絡はくださいね)




にしくぼ