Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

成川美術館へ

TOPICS & EVENT

スタッフブログ

成川美術館へ

先週末、箱根の成川美術館に行ってきました。
半年ぶりの県外ということで、マスクと携帯用アルコール消毒液を持ち、こんなにも緊張した気持ちで箱根へ行くのは初めてでしたが、観光客の姿もまばらで、以前訪れたときの賑わいはありませんでした。

成川美術館では今の季節にぴったりの鮮やかな作品がたくさん展示されていましたが、来館者は私を除いて2組しかいなかったので、じっくりと自分のペースで見ることができて、とても贅沢な時間を過ごせました。



今回トンボ帰り旅の最大の目的は、tayutau-HUTのオーナー様、栗原瑠理華さんの吹きガラス展へ行くためでした。
美術館サイドから「華やかなもの多めで」とのリクエストがあったそうで、カラフルでかわいらしいものから、かっこいいものまで、たくさんの作品が並んでいました。

そのなかで、私が迷いに迷って選んだものがこちら。



てのひらになじむ小鉢のような器です。
ガラスとガラスの間にプラチナの箔を閉じ込めたこの器は、サラダやフルーツを盛り付けても素敵。
だけど、他にはなにを?と考えていたところ、「浅漬けや冷ややっこもいいですよ」とアドバイスしてくださいました。

こういうアドバイスをいただけるのって、とっても嬉しい。
こんな素敵な器、何を盛り付けたらいいんだろう?って、すごーく悩むから。

早速、瑠理華さんにオススメいただいた冷や奴にしてみました。



スーパーのお豆腐を切って薬味をのせただけなのに、ちゃんとお料理したみたいに感じる。
器って大事だなぁ、と改めて思いました。

そして、手に取ったときにしっとりを手になじむこの感じ。
人の手で作られたものだから、手にしたとき心地よく感じられるんですね、きっと。

吹きガラス展は8月31日まで。
箱根へお出かけの際は、是非お立ち寄りください。
(成川美術館ではコロナウィルス対策でマスクの着用をお願いしていますので、ご協力をお願いします)


miyazu