Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

ひとつひとつ手作りで

2018/10/21

ひとつひとつ手作りで [スタッフブログ]

今年は夏の暑さも厳しかったですが、秋になっても雨、台風、雨で現場での作業が中々捗りません...

そんな中、掛川の現場は仕上げ工事に取り掛かっています。

先日の栂も取り付けているところですが、続きはもうしばらく先になるとして、今日はまた別の素材について。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日はウルシ。

最近は家のどこかに必ずと言っていいほど漆を使用しています。
私は、洗面台や水回りの床など水に強い性質を利用することが多いのですが、今回は少し違った場所に使用します。

現場で塗ることもあるのですが、現場で採寸し、加工した物を一度イルボスコに持ち帰って塗ることにしました。
漆は湿度で乾燥するので、乾燥している今の時期、現場で最適な環境を作るのがむずかしいため、イルボスコ上段のデッキを利用して漆を塗り、隣接するムロ部屋で乾燥させます。



少し色を揃えたかったで、まず煤紅の弁柄を混ぜた柿渋を塗った状態。

そのあと、被れないように完全防備して漆塗り作業にとりかかります。



作業風景を紹介したかったのですが手袋などをしているため、作業途中の写真が撮れません…

塗って乾燥させ、乾いたらまた塗る。
3回ほど塗り重ねました。

何度か塗り重ねることで強くつややかな塗膜が生まれます。



左が1度塗り、右が2度塗り
他にもいろいろなパーツ数点あるのですが撮り忘れ。。。

もったいぶっているわけではないのですが、あまりにも写真が少ないので、これも続きとして取り組け作業なんかを次回?のブログにて紹介します。
お施主さんに打ち合わせ当初から依頼されていた、こだわりの○○に使用します。

お楽しみに!

石牧

川上から川下へ(イルボスコ編)

2018/10/17

川上から川下へ(イルボスコ編) [スタッフブログ]

弊社では日ごろから、芯去り材の構造材利用や端材による家具作成など地の利を生かし山側と一緒になってモノづくりをするよう励んでいます。
実際に製材所に出向き、山側の「作り手」達と意見交換することでオリジナルな商品開発や他社とは違う仕入れをしています。

そんな中でも今日は少し変わった取り組みを紹介させて頂きます。

——————-

天竜の山は、おおよそ杉が65%、桧が25%、残りが雑木という割合になっています。

私は普段から、地元の山の現状と使用する木材の割合を大体同じくらいにしたいと考えています。
天竜は全国的にも有名な林産地であり、杉や檜は良質なものが手に入ります。
しかし、地元産の広葉樹が流通されることは殆どありません。
そこで、山側に、普段流通されない雑木を切るときには、声をかけてほしいとお願いしています。

そして、ちょうど一年ほど前、山で「栂」を切るけど欲しいか?と林業家の方から声をかけて頂き実際に山に見に行きました。







杉や檜と共に自生していた栂を伐採するという事で、立ち木を前に金額交渉をし譲って頂きました。

地元密着な大工や工務店といえども、こうした形で木材を仕入れるのは稀で、今回の取り組みは弊社だけでなく、林業家の方々にとっても大きなチャレンジでした。

その後、指定した製材方法で製材し、イルボスコで天然乾燥をすること約一年!
やっと使えるようになりました。



加工前はこんな感じ。この木使えるの?状態です。



この状態から大工が加工していくのもまた稀ですが、これが出来るのが弊社の強みでもあります。

樹皮を落としてまずは反りやねじれを修正します。
ひと削りすれば綺麗な木肌が現れます。



それを更にひきわり、節の無い板を作っていきます。



右が今回使う材料で左がそのために出た端材です。
大きな丸太も節や欠点の無い部分だけを切り出すと綺麗な部分は少ないのです…

左の部分も今回は違った形で使うのですが、まずは右の綺麗な部分で栂の加工板を作っていきます。



森に生え出た「木」から徐々になんか見たことある「材木」になってきましたね。
今回はここまで。

次回は(現場編)で!

石牧

材木の調達 ~岐阜~

2018/10/16

材木の調達 ~岐阜~ [スタッフブログ]


昨日は、
午後から岐阜へ材木の調達に行ってまいりました。
ここでは、定期的に堅木の調達をします。




丸太から一枚板から何これ?という材から、
国産材から輸入材まで広い敷地に木・木・木・・・。
木の香りが敷地に充満。


奥の大木はどう調理すれば・・・
作業場(イルボスコ)にツリーハウスの脚!?として

それでは粗末に扱いすぎますね。

何用で購入するのかな・・・
どう運ぶのかな・・・
いらぬ心配ですね。

この大量の木材が並ぶ中から、お目当ての物を探し出す事。
異様にテンションが上がります。

購入したものが、
ユーザーさんのところで上手に活きるように調理をしていきたいと思います。

佐原

解体着手

2018/10/15

解体着手 [スタッフブログ]


浜松市北区で新たに始まる現場。
本日より解体着手し始めました。

築100年以上の歴史ある建物を解体していくのには一抹の寂しさを感じます。
(その建物に私自身が思い入れがあるわけではないですが古民家とされる建物が個人的に好きなので。)
そこで生活してきた方達の苦労や維持していく事を考えず、
『もったいないなぁ・・・。』
なんて口にしてしまいます。

さすがに、100年の月日で傷んでいるところもありますし、
耐震的なところであるとか、断熱的なところであるとか、
気になるところもありますので・・・

次の建築に何かしら歴史と思い出を残せていけたらと、この瞬間いつも感じます。

佐原

地鎮祭

2018/10/14

地鎮祭 [スタッフブログ]

前日まで降っていた雨も止み
地鎮祭が執り行われました。


掛川にて新たな現場が始まります。

よろしくお願いします。

佐原

深~い青

2018/10/11

深~い青 [スタッフブログ]

浜北区新原にある「あんじ窯」に行ってきました。
備前焼作家・井口淳さんのお店です。

今年の夏、掛川城での作陶展で目に留まった作品を
ずーっとお取り置きしていただいていたので
やっと受け取りに行ってきました。



深~い青の釉薬が美しい7寸皿です。
料理は時短で簡単に!をモットーとしている私の粗末な料理ではもったいないくらいのきれいなお皿です。
でも、逆にパパっと作った料理でもきっとこのお皿ならちゃんとした一品に変身させてくれるのではないかと期待しています。
さて、こちらのあんじ窯・井口さんの作品、石牧建築の会社設立15周年を記念したイベント「遠州に暮らす 我が家の写真コンテスト」の賞品としてご用意しております。
「遠州に暮らす 我が家の写真コンテスト」の賞品としてご用意しております。


<緑青釉長方皿>










華奢な女性の西久保が持つとこんな感じ↓



個性的な大きな角皿は、普段使いのお皿というより
人が集まったときなどに、ひとつあると便利なサイズだと思います。
お刺身や前菜の盛り合わせをしたり、菓子鉢代わりに使ったり、
力強い作品なので、そのままお皿をアートとして飾るのもいいかも知れませんね。

人の手で捏ね、形づくり、何日も窯と向き合って焼き上げる。
真剣勝負で作られた作品はどれもパワーを放っているように感じます。
この「緑青釉長方皿」は写真コンテストではうっとり賞の賞品となっています。
世界中を探してもこのひとつだけ。
まだご応募されていない方は、是非ご応募ください。
今月末の締め切りとなっております。

皆さまのご応募、お待ちしておりま~す(^^)/

Miyazu



完成【うなぎ蒲兵】

2018/10/10

完成【うなぎ蒲兵】 [スタッフブログ]


9月の頭から解体着工したうなぎ屋さんの改修。
ひとまず店舗部分が完成し、10月5日から再オープンしました。

まだ外装は工事中なので足場がかかっているのですが、
内装は一新しましたよ!!

でもところどころ古いものも残しています。
住宅でもそうですが、改修する際は

「古いものを残す」

「新しいものを加える」

このバランスに気を配ります。
新旧がうまくミックスすると新しいけど居心地のよい空間に生まれ変わると思うのです。

今回は土間の仕上はほぼ既存のまま、一部天井も残し、入口の建具や照明器具をリサイクルして使用しました。

そしてこんなところも↓



ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
グレーチングのように見えるところは土間にモザイクタイルを貼っています。

このラインは実は元々古い壁があったところ。

モルタルで補修して壁の跡を消してしまうこともできるのですが

「昔はこの位置に壁があったんだよねぇ」
などと、お店の履歴を振り返ってもらうのも楽しいかと思いこのような仕上にしました。

あえて説明はしなかったのですが、お施主様も気づいてくださってとても気に入ってくださいました(やった!)

大将が丁寧に焼いた蒲焼がとーーーっても美味しい「蒲兵」さん、

ぜひ一度足を運んでみてください。

その時は足元もチェックしてみてくださいね(^^

うなぎ蒲兵さん


西久保

新築も改修も関係なく。

2018/10/09

新築も改修も関係なく。 [スタッフブログ]


最近は、
新築だけでなく改修の案件も頂く事も増えてきました。
また、
不動産屋さんと一緒に中古住宅を活かす活動もしています。
その中で本日は築18年ほどのマンションの一室を改修の案件の温熱環境の計算。

改修前の状況を竣工図面から読み取り、改修プランを元に、
温熱改修した時・しない時のシュミレーションをしていきます。
さらに、
新築住宅同様に温熱計算をしながら、住宅で使用されるエネルギー消費量を計算。
どのくらい、生活する上でエネルギーを削減出来そうかを考えます。

何かをきっかけで新築にしても、
現状の住まいの改修・中古物件を購入し改修を検討される方も、
暮らしをより豊かなものにするための建築だと思います。

・温熱計算
  ↓
・エネルギー消費性能の計算(国土交通省のプログラム)
  ↓ お施主様の暮らし方のヒアリングや光熱費の支出を元に
・各お施主様に対してのエネルギー環境の分析と提案

マンションでよく、
サッシが結露するから内側に窓をもう一つ付けました。
そうしたら、サッシの結露は抑制できましたが、壁の結露が酷くなりました。

壁にカビが・・・。

なんて話しもあります。
そもそも『気密の高い』コンクリート造のマンションでは当然かと・・・。
内側につけるサッシが悪いわけではなく、壁も断熱しないとね。

毎日お風呂にお湯を溜めない生活の方に浴室を充実させるような提案だったり・・・。
もしかしたら浴槽の性能より、
シャワーヘッドの性能を意識する事の方がその方にとって費用対効果が高い事も。

それぞれの暮らし方から、見えてくることもあります。

長期優良住宅の求める性能以上の将来を見据えた性能の新築
と、
目的と生活に合わせたコストバランスの良い改修

これからも大切にしていきたいと思います。



どのような、
計算の結果になるかはまた・・・

佐原

台風一過

2018/10/08

台風一過 [スタッフブログ]

だいぶ日が短くなりました。

ついこの間までは猛暑だったんですが…。

今年も残りわずか。

早いです。

今年は暑さと雨に泣かされた年です。

きっと、忘れないでしょう。

今、自身が施工させていただいてる和合町のS様邸の外周部がだんだん出来てきました。



左官屋さんが入って丁寧に施工していってくれてます。



天気が悪い日が続いたので晴れた日は現場に来てよくやってくれます。助かります。

最近、イカ墨スパゲッティを作ってみたんですが下ごしらえが大事ですね。

なんでもそうかもしれませんが、下地は大事です。

当たり前ですがお金を出して得る物は完成品だからそこには気づきにくいものです。

下地は大事。

台風も過ぎたのでまた踏ん張ろう。

OKUYAMA:)

新築現場へ

2018/10/04

新築現場へ [スタッフブログ]

石牧建築では現在、新築の現場が4件、リフォームの現場が2件動いていますが、
今日はそのうちの1件、掛川の新築現場へ行ってきました。



外壁の板張りも終わり、内部の工事に入っていました。



入社6年目と入社2年目。
社長と一緒の現場でテンポよく仕事が進みます。
休憩時間には冗談を言い合い、休憩が終わるとキリッとスイッチを切り替えて
チームが一丸となって工事にあたっています。



写真はお風呂(の下地)。
こちらの物件はユニットバスではなく、タイルを貼り、浴槽を納めて、、、など
パーツを組み合わせてつくる在来風呂を施工してゆきます。

こちらの物件は11月に完成見学会を予定しています。

Miyazu

全部で701件中 261-270件を表示