Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

お知らせ

TOPICS & EVENT

温森(ぬくもり)の家

2018/12/17

温森(ぬくもり)の家 [スタッフブログ]

今週末は、お施主さんのご厚意とご協力により、掛川市にて「温森の家」の見学会を行いました。
お越しいただいた皆様ありがとうございました。

「温森」と書いて「ぬくもり」と読みます。

「森をたずねて木を知る」

地元の木を使って家を建てたいというお施主さんのご要望に応えられるよう工夫した点から、温故知新ならぬ温森知木という意味から名付けました。

その名の通り、地元の山の木をふんだんに使うだけでなく、森の声を聞き、一本の木の根から先まで、表も裏も使用し、ぬくもりのある木のお宅が完成しました。

少し写真でご紹介。

竣工写真はまた施工事例にてアップします。


木製の大開口は天竜杉を使用


ユニットバスではなく製作浴槽。
天井壁には天竜さんの檜


欅の階段板と漆塗りの階段箪笥

レアな天竜産の栂は原木の仕入れからしました。

石牧




これからの家

2018/12/10

これからの家 [スタッフブログ]

9月のあたまから改修をスタートさせたうなぎ屋さんの改修工事

遂に2階の住居部分も工事が終わりました。

東と南に大きく増築していた部分を減築し、

ご夫婦+犬3匹+猫二匹がちょうどよく住まえる小さな家にしました。


キッチンもご夫婦で使うのにちょうどいいコンパクトキッチン。


無垢の木は少しすべりやすいのでワンちゃんたちはどうかな?と注意してみていましたが
特にストレスもなさそうにあちらこちら歩き回りお気に入りの場所を見つけていました。

減築したことで生まれた大きなテラス。
陽当たりのいいセカンドリビングです。

西久保

東京出張

2018/11/26

東京出張 [スタッフブログ]

先週、東京に出張させて頂きました。
ビックサイトで年に一度行われる、
建築の素材・設備の多くのメーカーが一堂に会する展示会。


その中に、弊社も参加している
大工の作る家具を提案する『わざわ座』では、
ある一定のルールのもと、全国の座衆(加盟工務店)の試行錯誤した『子ども椅子』が並んでいました。


同じ図面をもとにしているのに並んでいる椅子は一つとして同じものはなくとても個性あふれる物で、
どのブースよりインパクトのある刺激的な空間でした。

今後、
大工の作る家具・空間提案として皆様に・・・と
多くの方と有意義な時間を過ごさせていただき若干胸焼けする感じでその場を去りました。

その帰り道の道中、
疲労感と高揚感もあり仕事柄新幹線を利用する事がないので、
東京駅で車中で楽しもうと駅弁を購入。
無事に座れ、品川駅過ぎた頃から食べようと楽しみにガマン。

すると・・・、



世間の翌日から3連休という事もあってか、
品川で大量の乗車・・・、通路にまで人が座れず溢れてる状態。

さすがに、その状況で冷たい視線を感じながら駅弁を食べる事は出来ず。

結果、静岡県に入ってからフタを開ける事に・・・。

これも旅の醍醐味ですね。

佐原

NewProject@奈良

2018/11/24

NewProject@奈良 [スタッフブログ]


古い母屋を建て替え、娘さん家族を迎える。

そのプレゼンテーションをさせていただきました。

建築場所は奈良県、今回は設計のみのお仕事です。

周辺の環境に合わせ平屋に近い2階建て、瓦屋根の家となります。

悠久の歴史の色が漂う奈良で永く永く愛される家になればと思っています。

西久保

川上から川下まで(番外編)

2018/11/22

川上から川下まで(番外編) [スタッフブログ]

実は四部作。

最近続編を作ることにはまっている私のブログですが、「川上から川下まで」は四部作です。

前回の記事「イルボスコ編」「現場編」

イルボスコ編で、加工板にしなかった方の材料の話です。

節があったりして加工板として使えなかった部分ですが、そのままチップにしては勿体ないのと、なんか申し訳ない・・・

そこで、その材を更に薄く割って薄板を作りました。
それでもどう見ても木屑状態ですが、小さなものを作るには十分なサイズ。



必要寸法に切り出してプレート状にしていきます。
今回、端材の有効利用を考えたのも、柾目に加工した板なので薄くしても「反り」が無いというのも大きなポイントです。



大小二種類の穴をあけてトグルスイッチ用の栂の木製プレートの完成!

なんでも作っちゃいます!



使用する場所の仕上げとのバランスを考えて、二枚だけ階段板の端材の欅も混ざっています。

次は四部作最後の特別編。
今回の記事を書こうと思った目的でもあります。
お楽しみに!

石牧

製作キッチン

2018/11/21

製作キッチン [スタッフブログ]

先週から中区の現場に移り、内部の家具工事に取り掛かっています。
細部にこだわった洗面や家具は勿論ですが、こちらのお宅の腕の見せ所としてはやはり開放的なLDK
その中でも今日はキッチンについて。

今回はセパレートタイプのキッチンで、カウンタートップは地元浜松のキッチンメーカーのトクラス製の人工大理石を使用しています。
サイズは勿論、細部のカウンターデザインも通常の仕様とは違う石牧建築仕様です。



人工大理石と一対になって使えるワークスペースには樺桜の無垢板をチョイス。
不整形な形は不整形なリビングとのバランスを考えて。





キッチンや換気扇の面材には高級木材の栗使用しています。
モザイクタイルも貼れて徐々にキッチンらしくなってきました。

使い勝手や、リビングとのバランスを考えたキッチンですが、大工泣かせの変則型。
来週はもう一つのキッチンの製作!
こちらもやはり難しい。

シビレます…

石牧

 

大阪

2018/11/20

大阪 [スタッフブログ]

上棟式へお招きいただき、大阪へ行ってきました。

これから手きざみの家づくりに軸足を置いていくという中瀬古工務店さんと交流を深めだしたのはちょうど1年前。

上棟というハレの場へ呼んで頂いて本当に嬉しい限りです。

設計は暮らしの設計ツキノオトの船木絵里子さん。

船木さんは私の設計事務所時代の先輩です。

これも偶然なのですが、ご縁はいろいろ繋がっていくものですね。

左)中瀬古社長 右)船木さん


吉野材を使った架構はとても美しく、特に2階の垂木勾配天井はため息の空間。





上棟式の主役は棟梁。
西川大工は今回はじめて手きざみの仕事に挑み、無事に上棟を迎えられました。
実物大のサンプルをいくつも作ったりそれはそれは熱心にお仕事に取り組まれたのだそうです。

よその現場へお邪魔させていただくことはめったにないので、
立場を違えて上棟式を体験させていただくことができ貴重な時間となりました。



この日は夜遅くまで大工と設計士で話しこみました。

明け方の金龍ラーメン。

学生時代の想い出の味にも再開した大阪滞在でした。

西久保



赤

2018/11/13

[スタッフブログ]

好きな色は?と聞かれたら何と答えますか?

私はどんな色も好きですが、少し特別に思っているのは「赤」です。

ちょっとの分量で大きなパワーを持っていて、元気をもらえるように思います。

なので身の回りのものに赤い色を差すことが多いように思います。



事務所で使うマグカップはteamaの赤。
これは職場の先輩ゆきこさんから入社のお祝いでいただきました。



PCまわりも最近「赤」に新調しました。
これは黒だと鞄の中で迷子になる、という情けない理由によるのですが
お仕事道具が華やかだと少し気分も晴れやかになります。



今年の冬用に購入した手袋も赤。
自転車通勤なので毎朝毎晩活躍してくれるでしょう。

では、建築でも色を使うのか?と問われると
答えは限りなく「NO」だと思います。

暮らしにはたくさん色があふれている、
それを受け止めるキャンバスなので基本的には「白(左官)「ベージュ(木材)」「シルバー、ゴールド、黒のいずれか(金物)」の3色にまとめます。

しかし、明日お引渡しのK様邸では例外的に赤を使いました。



赤いトイレの手摺り!!

普段のお洋服もとてもおしゃれなシニアカップル、Kご夫妻には
このビビッドな赤がお似合いだなぁと思い、ご提案させていただきました。

介護用の手摺りというと機能ばかりを重視しがちですが、
毎日目に入るものですのでこのように元気をもらえる色で設えるのも一つの正解だと思います。

それにしてもかわいいな。私までうきうきしてしまいます(^^


にしくぼ

断熱施工

2018/11/09

断熱施工 [スタッフブログ]

気が付けばもう11月、家を出る際、一枚羽織らずにはいられなくなりました。

私は、掛川の現場を左官さんにバトンタッチし、磐田へと現場を移って断熱工事を行っています。

今回はグラスウールという断熱材を使い、壁の中に隙間なく設置していきます。



白いものが断熱材、受け材の裏など見えなくなってしまうところまで綺麗に入れていきます。
仕上げると見えなくなってしまう壁内はこんな感じに電気の配線や、配管、金物などが隠蔽されています。

以前は袋詰めの物を使用していたのですが、こうした隅々まで隙間なく入れることが困難なので現在は使用していません。

その配線を包み込むように切れ目を入れ隅々まで断熱材を充填することは、熱橋などの断熱損失をなくし快適な暮らしにつながるだけでなく、
結露を防ぎ、住まいの劣化対策としても重要な事です。



コンセントの周りも綺麗にカット。





また、しっかり断熱したらしっかりと防湿対策(べーバーバリア)をとる。
これも大切で、この仕事を怠ると壁体内結露を招くことになります。



室内の湿気が壁の中に入ってしまうと条件によっては壁の中で結露し、カビや腐りの原因となる腐朽菌の発生につながります。
写真のシートは壁内に入ってしまった湿度を排出する、洋服で言えばゴアテックスのような機能を持つものです。

手刻みなどの伝統的な技術を使い家づくりをする私の周りには、「断熱や気密をしたら家が腐る。」とか、「昔の家はそんなの無くても100年持ってる」という方もいます。

実際、私も修業時代大工として求められる技術として断熱施工というのは「見えないところも綺麗に仕事する」という事を除けば、あまり重要視されるものではありませんでした。

(ここについては現場で仕事をしてきて感じる現場の空気感、業界内の二分する意見など、私なりに思う事もあるのですが、長くなるので。。。また余裕があるときにでもコラムで書いてみようかと思っています。)

しかし、「昔の家と今の家」
そこには“暮らしの変化”という大きな違いがあります。
時代が変わり暮らしが変われば、その住まいを作る作り手の技術もまた変わらなければいけません。

現在、弊社の大工スタッフはまず、断熱気密の施工や透湿抵抗の意味、耐力壁などの壁面構成の意味を知るところから覚えていきます。
意味も分からず施工していては、良い施工も出来ないからです。

先人の知恵を紡ぎながらも、時代の変化と共にテクノロジーを学び、大工として日々勉強です。

石牧

浜松ウッドコレクション2018

2018/11/08

浜松ウッドコレクション2018 [スタッフブログ]

浜松ウッドコレクション2018
昨年の優秀賞に続き今年は最優秀賞を頂きました。

2年前に竣工した「ひとつ屋根の家」です。

講評をお聞きすると、無垢材に合わせた朱い和紙壁がひとつのポイントとなったそうです。


それは漆をかけた和紙で、漆職人の欣也さんに無理難題を投げかけて作り上げた壁でした。2年前の事を思い返して最近新しい素材や表現にチャレンジすることを少し怠っていたように思い、また新たな素材の使い方にチャレンジしたくなりました。

身に余る賞だと思いますが、たくさんの方に携わって頂き皆んなでもらった最優秀賞だと思うとこんなに嬉しいことはありません。

これからも頑張りたいと思います。

全部で701件中 241-250件を表示