Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

日日列舎

WORKS GALLERY

新築戸建

日日列舎
日日列舎
日日列舎
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
間口8m、奥行き50mの細長い敷地に、4つの箱を連ねたような姿をした住宅は
4両編成の列車のよう。
長い廊下や、窓から見える景色は、まるで自分が電車の中にいるような心地にさせてくれます。

電車で旅を続けているような、楽しい日日の暮らしを演出しながら
日日列舎がご家族を素敵な未来に連れて行ってくれることを願います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
工法規模 木造平屋階て(木造軸組工法)
敷地面積 388.90㎡
延床面積 133.22㎡
設計 しましま設計室
Photo:大関正行 

   
こんにちは。
スタッフのアサノです。
見学会に来て頂けなかった方にも
個の住まいについて少しでも知ってもらいたいなと思います。
そこで、アサノ目線での住まいについて紹介致します。
しばしお付き合い下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日日列舎

列車のように長い長い住まい。
その入り口には大きく軒の出た玄関ポー玄関ポーチ。
荷物の台紙れにはもちろん、外の空気を吸いながらの立ち話にも もってこいな空間に。



玄関扉を開けると低めの開口から
苔むした庭が顔をのぞかせている。






杉に囲まれた空間の中に
大谷石や煤竹などの和的要素を注入したエントランス空間。
広葉樹の色濃い框や オープン収納が
程よいまとまりを演出してくれました。
(一輪挿し:栗原 瑠璃華)







落ち着いた玄関を過ぎると
長く伸びた廊下と将来のためのフリーな空間。
南側から十分に確保した採光と 天井で繋がる空気が
柔らかく迎えてくれる。
そんな毎日の行き交いに。

アールを利かせたコーナーとニッチは
作り手の腕の見せ所。
植物やお気に入りのアイテムで
暮らしに自分らしい彩を。





リビングは登り梁露わに広々と。
キッチンに立ちながら皆と目線を共有したり。

窓辺に腰掛けようか
小上がりの畳にねそべるか
日日居場所を変えながら過ごしたい。







柾目が揃ったこの住まいの中でも
この袖壁はさらに注目してほしい箇所。
架け方、形、段々から除く影など
全てがこの場所ならでは。

ここからロフトに上がれば
景色にも少し変化が生まれる。
夏場は空調から流れる冷気とともに
子供たちの垂れる足が覗かれたり。
そんな団らんも楽しいかも。


足元を掘り込んだワークスペースや


隠しつつ見せつつが可能な収納



光が緩く反射する寝室には
コルクタイルをあしらい
体を動かす機会を演出したりと
生活空間も充実。





タイル張りのランドリーから洗面を通り抜けた先では
焼杉と杉板のデッキスペースに到着。
陽の光に洗濯物を晒すついでに
自分も外のパワーを吸収していこう。



細長くて、何両分もの要素が詰まった
日日列舎。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?

暮らし手の方々が
楽しく暮らせますように。

また、次の建物もご期待下さい。